MagWiper Standard MW-15000

MagWiper Standard MW-15000

※ この製品は生産・販売を終了しています。
後継機の MW-15000Xの詳細ページをご覧ください。

磁気記録消去装置 MagWiper MW-15000 の特長

磁気データ消去装置MagWiper MW-15000は、磁気でデータ消去/破壊を行うため、あらゆるハードディスク、テープ、フロッピーディスク等の磁気記録媒体に対応。OS、容量、IDE・SCSI等インターフェースを選ばず、故障したハードディスクでも、データを一瞬でデータ消去を行う製品です。

10000 Oeを超える高性能磁気データ消去装置として、世界で初めて17秒のクイックチャージを実現し、コンパクトなボディに最新の磁気データ消去技術「斜め磁化システム」を搭載することにより、発生磁界に対する磁気データ消去の効率を従来比150%効率化!これにより磁気データ消去の困難な、垂直磁気記録式ハードディスクに対しても、従来の面内(水平)記録方式ハードディスクに対しても確実な磁気データ消去を実現しました。

【斜め磁化システム】※業界初

磁気データ消去の難しい垂直磁気記録方式HDDの、磁気データ消去を効率よくできる方式。従来方式比べ約1.5倍の消去能力がある。磁性体のあるプラッター面のに対し、斜めに磁化をかける事から「斜め磁化システム」と名づけられた。垂直記録方式のHDDは近年の大容量HDDで多く採用されている方式。斜め磁化システムを磁気データ消去装置に採用したのはアドバンスデザインが世界初!(特許出願中)

詳しくはこちら

磁気データ消去による、データ完全消去は記録容量に関係なく一瞬でデータ消去が完了するので、大量のハードディスクの消去処理が短時間で行え、情報漏えい対策 にとても有効な商品です。

磁気データ消去装置 MagWiper MW-15000 製品概要

特徴 1業界最速!17秒のクイックチャージを実現!

10000 Oeを超える高性能データ消去機として、初めて17秒の高速蓄電を実現!蓄電時間の短縮により作業効率をアップ!同じ時間でより多くのメディアのデータ消去を行えます。

特徴 2「斜め磁化システム」を磁気データ消去装置に採用 世界初!

垂直磁気記録方式HDDのデータ消去に最も有効な 「斜め磁化システム」を採用したことで、従来方式と比べて約150%の磁気データ消去能力の高効率化を実現しました。(MW-15000の発生磁界は10000 Oeのため従来換算で15000 Oe相当のデータ消去能力)

特徴 3磁力数値確認機能搭載

磁界発生後(磁気データ消去後)、発生した磁界の強さをモニタ表示します。発生した磁界の強さが毎回実測値で確認できると共に、発生磁界が8000 Oeを下回った場合は「エラーランプ」が点灯し、不完全なデータ消去を防ぎ作業の信頼性が向上します。

特徴 4テープ類の磁気記録消去にも対応

オープンリール/LTO/DAT/DLT/CMT/9940/3592/VHSなどの各種カートリッジテープやフロッピーディスクなどの磁気記録メディアの大量一括消去にも対応しています。

特徴 5MFM(磁気力顕微鏡)測定結果

2.5インチ・ハードディスク HTS545050B9A300モデル(HGST社製)

磁気記録消去装置 MagWiper MW-15000 製品仕様

商品名 MagWiper Standard
型名 MW-15000
消去対象
磁気メディア
ハードディスク、LTO、DDS/DAT、DLT、CMT、9940、3592、AIT、FD 他
ハードディスク
対応記録方式
垂直磁気記録方式、面内磁気記録方式(長手)
蓄電時間 17秒
データ消去時間 0.1秒
発生磁界 800 kA/m(約10000 Oe)
電源仕様 AC100V 50/60Hz
定格消費電力 250W
外形寸法 264(W)×220(H)×470(D)mm
チャンバー領域 115(W)×70(H)×140(D)mm / 115(W)×70(H)×145(D)mm
質量 17.5kg
動作環境 5~40℃、湿度75%以下(結露なきこと)
付属品 AC電源ケーブル、取扱説明書 、保証書
製品外観