データ消去ソフト(DataSweeperシリーズ)

再利用目的のPC・サーバ内HDD/SSDを完全消去

DataSweeper

日々お使いのパソコンやサーバをリース返却する際、内蔵・接続されているHDD/SSDのデータ消去は万全でしょうか。アドバンスデザインのDataSweeperシリーズでは、クライアントPC向けのUSB接続で簡単に消去が可能なHandyモデル、大規模な環境や工場などで大量のデータ消去が必要な際に効率良く消去を可能とし資産管理ソフトとの連携も実現したネットワーク対応型の2モデルを筆頭に、各種上書きデータ消去ツールのラインナップを取り揃えております。

特長1UEFI対応

Windows8/8.1/10等のUEFI対応OS搭載PCのデータ消去にも対応します。

特長2確実なデータ消去

HDD/SSDに対応し、HPA/DCOなどの隠し領域およびリマップセクタのデータ消去も可能です。

特長3RTC(リアルタイム・クロック)機能搭載

正確な消去結果ログ収集による信頼性の高い消去証明書を発行することができます。

特長4複数ドライブの同時消去機能

1台のPC/サーバに接続されている複数のHDD/SSDを同時消去することができます。

特長5消去対象ドライブの自動判別機能

PC/サーバに内蔵されたHDD/SSDドライブの種類を自動判別し最適な方法でデータ消去を実行します。

特長6RAID自動解除機能

RAID構成されている複数のHDD/SSDを自動解除しドライブ単位でデータを消去することができます。

特長7ディスク内の可視化

アフターチェック機能により、データ消去後PC/サーバを再起動した際に”データ消去を行った事”、”ダンプユーティリティーによるディスク内の可視化”が行えます。

特長8消去作業中断機能

消去中に特定ドライブの作業を中断することもでき作業効率が向上します。

DataSweeper3が対応している消去方式

下記の主要消去法式を含む、全20種類の消去法式を標準搭載しております。

  • 米国国立標準技術研究所 / NIST800-88 (上書き回数:1回)
  • 米国国家安全保障局方式 / NSA (上書き回数:3回)
  • 米国国防総省方式 / DoD5220.22-M (上書き回数:3回+ベリファイ)
  • セキュア消去 / Secure Erase
  • エンハンストセキュア消去 / Enhanced Secure Erase
  • ADC独自消去方式 (SSD用)
  • その他消去方式
上書き消去回数の考え方 ~1回書きで大丈夫なのか~

世界中の多くの国家機関では、アメリカの公的文書や規格を元に「データの完全消去」における判断やその判断に則った運用をしていますが、日本においてはその実際があまり知られていないのもまた事実です。
NIST(米国国立標準技術研究所)は2006年に発表した資料の中で、「1回の上書き」を行うことで「研究所レベルの高度な読み出し方法を試行しても、データの読み出しは不可能である」ということを認めており、多くの機関もこれに則ってデータ消去を運用しています。


データ消去に関してさらに詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。
データの完全消去:消去の規格について

DataSweeperシリーズ 製品ラインナップ

お問い合わせ

その他詳細につきましては、以下のお電話番号またはお問い合わせフォームにてお問い合わせください