アドバンスデザインのRAID復旧

Raidの復旧は数多くの重要データを復旧してきたアドバンスデザインにお任せ下さい。
TeraStationなどのソフトウェアRaidから、Dell、 EMCなどのエンタープライズ用製品まですべての製品に対応。
他社で断られた困難なケースでも諦めずにご相談下さい。
専門アドバイザーが丁寧に対応させていただきます

復旧実績

全てのシステム、メーカー、OS、インターフェースに対応
XFSやNTFSなどの一般的なファイルシステム以外のJFS/JFS2、ZFSなども豊富な実績がございます。
AIXやSolarisなどの商用Unixで使用されていたディスクアレイでも問題ございません。
暗号化されたディスクからの復旧実績も多数ございます。
他社が対応していない複雑な障害でもまずはご相談下さい

よくある症状

ネットワークで見つからなくなってしまった ネットワークの問題でなければ、RAIDが崩壊している可能性があります。
電源の入り切りをすることで状態が悪化することもありますので、状況を整理するためにも、まずご相談下さい。
BuffaloのTeraStationでエラーを示すランプが点灯・点滅しており、E14, E30などのエラーコードが表示されている それぞれ「RAIDアレイをマウントできない」「ディスクがアレイから外された」というエラーを表すコードです。
複数の原因が考えられますので、ぜひお電話にて詳しい状況をお聞かせ下さい。
複数のディスクで障害が発生し、RAIDが崩壊した データ復旧の必要があります。
障害が起きているディスクの中でも症状の軽いものを修復することによってデータが抽出できる場合がございますので、まずはご相談下さい。
リビルド時に別のディスクに障害が起き、リビルドに失敗した リビルド前のアレイを構成していたディスクをお預かりし、復旧する必要があります。
お送りいただくディスクなどをご説明させていただきますので、ご相談下さい。
停電後、データにアクセスできなくなった RAIDの構成情報が破損している、もしくは停電によって構成ディスクに物理的な障害が発生している可能性があります。
電源をつけて動かそうとすると、RAIDのコントローラがデータを修正しようとしてダメージを広げてしまう場合がありますので、何もいじらずに電源を落とし、ご相談下さい。

上記のよくある症状以外にもアドバンスデザインではすべての症状に対応しています。
気になることやご質問がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

復旧料金

金額納期
RAID ¥130,000~即日~

※上記の料金は目安となります。正確なお見積りには初期診断作業が必要となります。

アドバンスデザインのRAID復旧

アドバンスデザインでは日本で最も早くからRAIDのデータ復旧に対応し、以来長年にわたって多くのRAIDを復旧してまいりました。
シンプルなRAID1から複雑なデータセンターなどの大規模システムまで、アドバンスデザインなら完全に対応可能です。
仮想化しているものやデータベースのストレージとして使っているものでも対応できますので、RAIDに関する障害はまずアドバンスデザインにご相談下さい。