データ復旧の流れ
診断、お見積り
ご注文(またはキャンセル)
復旧作業
復旧データのお渡し

診断、お見積り

お客様の障害メディアをお預かりし、状況を診断いたします。
診断が終わり次第お見積りをお出しし、障害状況のご説明をさせていただきます。
診断結果のご連絡までは1~3日ほどかかります。
診断、お見積りは無料です。
※スマートフォンの場合、初期診断料が発生します。
※送料は原則お客様負担となります。

診断、お見積り

お申し込み方法

お客様の御都合にあわせ、下記のどちらかの方法でお申込み下さい。

  1. WEBフォームからお申込み -> メディア送付
  2. 直接店舗にメディアをお持ち込み

WEBの申し込みフォームから申し込み後にメディアをお送りいただくか、直接店舗にメディアを持ち込むことでお申込みができます。
お送りいただいた場合にはメディアの受付後、メールにて受領のご連絡をいたします。

可能な場合には復旧可能なファイルリストをお出しいたします。
(物理障害の場合、ファイルリストをお出しできない場合もございます)
お申込前に不安な点がある場合にはお気軽にお問い合わせください。

※梱包の方法について
梱包の方法についてはこちらのページをご参照下さい。

※配送業者について
アドバンスデザインでは過去の実績などを考慮し、メディアの発送にヤマト運輸を利用して
おります。
お客様からお送り頂く場合、発送業者についての指定させていただくことはございませんが、
もし指定の業者がお決まりになっていない場合、ヤマト運輸での発送をお勧めいたします。
ヤマト運輸で出荷を依頼する

※機密保持について
お客様のセキュリティポリシーで事前に機密保持契約が必要な場合ももちろん対応可能です。
詳しくはお問い合わせ下さい。

ご注文(またはキャンセル)

ご注文頂いた場合、直ちに復旧作業に取り掛からせていただきます。
もしお見積りがご予算に合わない場合、注文をキャンセルすることができます。
キャンセルされた場合、メディアをご返却させていただきます。
キャンセル料などは一切かかりません。

ご注文(またはキャンセル)

復旧作業

最高水準のセキュリティを確保した作業室で復旧作業を行います。
データの機密性を確保するため、お客様のメディアは外部から完全に遮断された金庫内で保管されます。

障害の度合いにもよりますが、軽度の場合には1~3日ほど、重度の場合には1~2週間ほどかかる場合もございます。
(緊急オプションもございます。詳しくはご相談ください)

復旧作業が終わり次第、担当者からご連絡させていただきます。

復旧作業

復旧データのお渡し

復旧データを保存したメディア(DVD、外付けHDDなど)を発送させていただきます。
データをご確認頂き、問題がなければデータ復旧作業は完了となります。
納品メディアを川崎本社で直接お渡しすることも可能です。

復旧データのお渡し

※納品メディアについて
納品データの容量によって、CD-R、DVD、外付けハードディスクなどで納品いたします 納品メディアの代金はお見積りの中に含まれていますので、納品時に追加でお支払いが発生することはございません

※料金の支払いについて
基本的に納品は入金確認後となりますが、請求書払いも可能です。
支払い方法は銀行振込、クレジットカード、Paypalでのお払いが可能です。
(クレジットカードでの分割払いが可能かどうかにつきましては、カード会社様にお問い合わせください)

納品後

納品データをご確認いただき、データに問題がなければお預かりした障害メディアをご返却いたします。

弊社では障害メディアの修理は致しませんので、お預かりしたメディアは預かった時の状態でお返しいたします(物理障害などで部分的な修理が必要な場合は除きます)。

また障害メディアが不要な場合、お申し付けいただければ、データを完全に消去した上で責任をもって廃棄させていただきます。

データ復旧作業のためにコピーしたお客様のメディアのデータは、データ確認後に完全消去致します。
復旧作業完了後、弊社にお客様のメディア内のデータが残ることはありませんのでご安心ください。

納品後

※データの消去について
復旧作業のためにお客様のメディアからコピーしたデータは、復旧作業完了後、完全消去いたします。 消去には弊社製品のDupEraserなどを使い、ディスクの全領域に上書きを行います(ソフトウェア消去)。

※メディアの廃棄について
データ復旧後、もしくはキャンセル時に障害メディアの廃棄をご依頼された場合、廃棄を行う前にお客様のデータを完全に消去いたします。
ハードディスクなどの磁気メディアの場合には弊社製品のMagWiperを用いた磁気消去を行い、その他の光ディスクやSSD等の場合、物理的な破砕処置を行います。
これらの処置を行うことで、データの読み出し、復旧は100%不可能になります。