USB、SDカード(フラッシュメモリ)の復旧事例
相談内容 USBメモリの差し口(コネクタ)が曲がってしまい、そのまま使っていたが最近になり認識しなくなってしまった。
障害メディア RUF3-JW16G-GP(BUFFALO/USBメモリ)
処置結果 外装を外して中を見てみるとコネクタと基盤の間をつなぐ、はんだが外れていることがわかりました。今回ははんだ部分の修理だけでデータの復旧が完了しました。
相談内容 USB内に入っているデータを間違って削除してしまった。
障害メディア RUF3-C32GA-BK(BUFFALO/USBメモリ)
処置結果 誤ってデータを削除した場合に一番気をつけなくてはならないのが、データを削除した以降は再度パソコンに接続をしないことです。新たなデータを書き込んでしまうと、書き込まれた部分に記録されていたデータは失われます。今回のケースでは新たなデータの書き込みもしていなかったようなので必要データは100%復旧することができました。
相談内容 USBが折れてしまったが中のデータを復旧することはできないか。
障害メディア USM16GLX PA(Sony(ソニー)/USBメモリ)
処置結果 こちらは完全にUSBが折れてしまったケース。下手に治そうとせずそのままお渡しください。メモリ部分が生きていれば復旧の可能性はあります。今回は、メモリとコントローラのちょうど間の部分から折れていたため、データは無事吸い出すことが出来ました。
相談内容 デジカメで撮った写真を削除し、同じCFカードで再度撮り直した。この作業を度々繰り返していたが、昔撮った写真が必要になったのでそのデータを復元して欲しい。
障害メディア TS32GCF400(Transcend/CFカード)
処置結果 こちらも削除ケースですが、上書きを何度も繰り返していたため必要データは破損もひどく、復旧することはできませんでした。このようにデータが上書きされてしまうと、データ復旧業者であっても復旧することはできませんので、誤って削除した場合などは早急にご相談ください。
相談内容 SDカードに保存していた写真データをパソコンに移行する作業をしていた最中、誤ってデータを削除してしまった。
障害メディア RP-SDL02GJ1K(Panasonic/SDカード)
処置結果 デジカメ関連の削除ケースでは、カメラ上での削除とパソコン上での削除によってデータの復旧率は異なってきます。デジカメ上での削除はメーカや機種によってその消去方法が変わってくるため困難な場合があります。今回はパソコン上での削除でしたので、ゴミ箱にデータは残っていました。お電話でのご相談にて解決したケースとなります。
相談内容 「フォーマットしてください」というメッセージが出てしまい、SDカードにアクセスできない。
障害メディア T-SDHC4GB4-SV10P(TDK/SDカード)
処置結果 論理的な障害であると考えられます。その多くはデータ復旧ソフトでの復旧が可能ですが、操作にご不安を抱える方は業者に依頼することをおすすめします。今回のケースでは弊社ツールにて中のデータを復旧することができました。
相談内容 MicroSDをスマートフォンに入れて使っていた。主に写真データと連絡先のバックアップ用で利用していたが、その中の写真データを専用アプリで削除してしまった。それらのデータを復旧して欲しい。
障害メディア TS32GUSDHC10(Transcend/MicroSDカード)
処置結果 機種によって復元できるかどうかは変わってきますが、決して簡単に復旧できないケースもあります。同様の症状に、「SDカード&破損」というようなコメントが表示されることがあり、こちらはPC上で復旧出来る場合があります。まずはご相談下さい。
相談内容 MicroSDカードが突然認識しなくなってしまったがデータの復旧は可能か?
障害メディア TG032G0MC28A(TEAM/MicroSDカード)
処置結果 デバイス情報によって原因の予測が立つ場合がありますが、物理的な破損の場合、MicroSDカードはその小型サイズの影響で復旧できない場合もあります。今回は物理障害という診断結果となりましたが、弊社でもデータの復旧は叶いませんでした。
相談内容 CF(コンパクトフラッシュ)に業務で使っている写真を保存していたが、「画像が見つかりません」というメッセージが出てきてしまい、データにアクセスできない。
障害メディア RCF-X4G(BUFFALO/CFカード)
処置結果 ファイル構造情報の破損が考えられます。専用ツールにてデータの吸い出しを行い、お客様にはCDにデータを移し納品いたしました。
相談内容 xDピクチャーカードからパソコンにデータを移行している最中にエラーが発生しストップをかけた。その後画像が見えなくなってしまったのでデータを復旧して欲しい。
障害メディア TYPEM DPC-M2GB(FUJIFILM/xDピクチャーカード)
処置結果 こちらも同様に論理的な破損による障害でしたが、中のデータ自体は無事でほぼ100%のデータ復元に成功いたしました。