アドバンスデザインのNAS復旧

BuffaloやIOデータといったメーカー製品に代表される、NAS(ネットワーク対応ドライブ)のデータ復旧は
アドバンスデザインにお任せください。
安価なエントリーモデルから、多機能な法人様向けモデルまで、国内外の全てのメーカーに対応しています。
・ハードディスクの記録面に傷が入っている…
・ 障害発生時に誤ったリビルドを複数回行ってしまった…
他社では復旧不可能と判断された症状でも諦めずにまずはご相談ください。

復旧実績

すべてのメーカー、モデル、RAIDレベルに完全対応。
Buffalo社やIOデータ社製のNASのデータ復旧は最も得意としています。
他社で復旧することのできない重度障害も多数復旧実績がございます。

よくある症状

フォーマット要求が表示される ファイルシステムに何らかの障害が発生したために、OS側から正しくドライブを認識できなくなった可能性がございます。物理障害の可能性もございますので、すぐに使用を停止して、お電話にてご相談ください。
警告音が鳴る、エラーランプが点灯・点滅する エラーランプや警告音の示す状態は製品によって異なるため、一概には申し上げられませんが、多くの場合、ハードディスクが認識できなくなり、データに正しくアクセスできなくなっているものと思われます。
電源が入らない 筐体側の制御基板に問題が生じている可能性がございます。ハードディスクにダメージは無いかお調べする必要がございます。
ハードディスクが回転していない モータがスピンアップしない原因はいくつか考えられますが、異音を伴うケースではしばしば物理障害を引き起こしている場合が多いです。復旧の可能性を低下させないためにも、何もせず(システム稼働中であった場合はNASの電源を落として)、お電話にてお問い合わせください。
パソコンからNASを認識しない 論理障害、物理障害どちらも可能性がございます。Pingは通るのか、RAIDは構成しているかどうか、RAIDレベルはいくつか、状況によって対処法も様々でございます。まずはお問い合わせいただき、詳細をお聞かせください。
落としてしまった HDDが動作中に衝撃を受けると、最悪の場合、内部のプラッターを傷付けてしまい、復旧が困難になる可能性がございます。ただし、そのような場合でも傷の大きさは範囲等により、復旧の見込みはございますので、慌てずにお電話にてご連絡ください。
異音・異臭がする それぞれ原因は複数考えられますが、どちらの場合も速やかに使用を停止し、お電話にてご相談ください。
誤ってデータを削除してしまった データ消去・削除の場合、直後であれば多くのデータは復旧の見込みがあります。消去後もNASを使用していた場合、上書きにより消去されたデータは既に破損してしまっている可能性があります。ただしこのような場合でも、診断サービスにて無料でデータ復旧可能かどうかお調べいたします。

上記のよくある症状以外にもアドバンスデザインではすべての症状に対応しています。
気になることやご質問がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

復旧料金

金額 納期
NAS ¥130,000~ 即日~

※上記の料金は目安となります。正確なお見積りには初期診断作業が必要となります。

アドバンスデザインのNAS(ネットワーク対応HDD)復旧

NAS(ネットワーク対応HDD)は、容量面のメリットやデータ共有の容易さに加え、RAID機能を備えた製品は耐障害性も高いことから、いまや法人だけでなく、一般の家庭にも急速に普及しつつあります。アドバンスデザインでは、過去20年間に亘り約50,000件以上もの復旧を行ってきた実績がございます。特にNASなどのストレージ専用機器については、これらの製品の発売当初より復旧サービスを行って参りましたので、お客様が直面したあらゆる問題に対し、どこよりも柔軟な対応が可能です。NAS製品のデータ復旧はアドバンスデザインにお任せください。