MagWiper All-In-One MW-30000X

MagWiper All-In-One MW-30000X

磁気データ消去装置 MagWiper MW-30000X 製品概要

B4/A4サイズのノートパソコンを、分解してハードディスクを取り出すことなく、そのままの状態で強力な磁気によりデータを完全に消去する装置です。
消去したデータは完全に消え、二度と復元できません。

ノートPCもそのままデータ消去

ノートPCもそのままデータ消去

B4ノートも分解せずにそのまま磁気データ消去。HDDを取出さずに済むので、消去作業の効率が上がります。

MagWiperシリーズは、世界で初めて磁気データ消去装置として 「斜め磁化システム」を搭載し、一般的な水平磁化タイプの磁気データ消去装置に比べて、磁化効率を50%向上させました。垂直磁気記録方式のハードディスクの完全消去に対応。
ハードディスク以外にも、テープ(LTO、DATなど)、フロッピーディスクなどの磁気記録メディアを一度にまとめて瞬時(0.1秒)にデータ消去します。
※磁界を発生させデータ消去をする前に、25秒の蓄電時間が必要です。

【斜め磁化システム】※業界初

磁気データ消去の難しい垂直磁気記録方式HDDの、磁気データ消去を効率よくできる方式。従来方式比べ約1.5倍の消去能力がある。磁性体のあるプラッター面のに対し、斜めに磁化をかける事から「斜め磁化システム」と名づけられた。垂直記録方式のHDDは近年の大容量HDDで多く採用されている方式。斜め磁化システムを磁気データ消去装置に採用したのはアドバンスデザインが世界初!(米国・日本にて特許取得済)
詳しくはこちら

強磁気でデータ消去/破壊を行うため、あらゆるハードディスク、テープ、フロッピーディスク等の磁気記録媒体に対応。OS、容量、IDE・SCSI等インターフェースを選ばず、故障したハードディスクでも、データを一瞬でデータ消去します。

従来の磁気記録消去装置では、個々の消去メディアにどれほどの磁界が照射されたか判断がつかず、消去可能磁界が発生していない場合を知ることができませんでした。また社内においても基準を定めにくかったことを考慮して、今回業界初となる「発生磁界の強さ」を目視することができるように磁力数値確認機能を搭載しました。※業界初

メディアのインタフェースに依存せず、物理的に起動しないハードディスクはもちろん、磁性体を利用するデジタルテープなどさまざまな磁気記録メディアのデータ消去に最も有効な手法として、磁気消去装置は一般的に利用されています。

磁気データ消去による、データ完全消去は記録容量に関係なく一瞬でデータ消去が完了するので、大量のハードディスクの消去処理が短時間で行え、情報漏えい対策にとても有効な商品です。

また、MW-30000Xは大型のチャンバーサイズを活かし、大量のHDDのデータ消去を同時に行えます。

MW-30000Xのハードディスク(HDD)同時消去台数
HDDの種類 HDD台数(最大)
3.5インチHDD 14台
2.5インチHDD 51台

磁気記録消去装置 MagWiper MW-30000X の特長

特徴 1B4ノートPCをそのまま入れ、磁気データ消去できる大型チャンバー(消去可能領域100%)

315(W)×90(H)×364(D)mmサイズの大型チャンバーにより、一度に大量のHDD・各種磁気テープを消去する等の用途に最適です。また、付属の汎用トレイを利用することで、B4/A4ノートパソコンを内蔵HDDを取り外すことなく消去することが可能です。

特徴 2「斜め磁化システム」を磁気データ消去装置に採用 世界初!

垂直磁気記録方式Hpのデータ消去に最も有効な 「斜め磁化システム」(米国・日本にて特許取得済)の採用により、磁化効率を大幅に高め、水平方向における1200kA/m(約15,000 Oe相当)での磁気消去と同等のパフォーマンスを得ることに成功しました。

特徴 3磁力数値確認機能搭載

磁界発生後(磁気データ消去後)、発生した磁界の強さをモニタ表示します。発生した磁界の強さが毎回実測値で確認できると共に、発生磁界が8,000 Oeを下回った場合は「エラーランプ」が点灯し、不完全なデータ消去を防ぎ作業の信頼性が向上します。

特徴 4テープ類の磁気記録消去にも対応

LTO/DAT/DLT/CMT/9940/3592などの各種カートリッジテープやフロッピーディスクなどの磁気記録メディアの大量一括消去にも対応しています。

特徴 5管理者による一元管理が可能(キーエントリーシステム)

フロントパネルに電源キーを設け、キーがないと使用できない構造にし、安全性を高めました。電源キーを管理者が管理することにより、不正なデータ消去や、思わぬ事故を未然に防ぐことができます。

特徴 6そのまま作業ができる移動式専用リフター(オプション)をご用意

専用リフターは、本体を安全に移動でき、積み下ろしをすることなくそのまま作業が行えるため、作業効率を高めます。

特徴 7MFM(磁気力顕微鏡)測定結果

2.5インチ・ハードディスク HTS545050B9A300モデル(HGST社製)

磁気消去管理システム(オプション)

簡単手軽に消去作業の記録(消去ログ)をデータベース化。
消去作業の効率化・作業時の人的ミス防止対策に。

バーコードリーダーでハードディスク表面の製品情報をスキャンし、磁気消去装置「マグワイパー」本体にメディアをセットして消去ボタンを押すだけのシンプル操作で、誰でも簡単に消去ログをデータベースに保存することが可能です。ハードディスクの型番(P/N)および製造番号(S/N)はバーコードリーダーで自動取得するため、従来の手書き入力に比べ、転記ミス等の心配がありません。

充実の消去ログ管理機能を搭載。
消去作業内容の検索・確認・出力が容易に行えます。

事前にユーザ情報を登録することで、そのユーザが過去に行った作業のログ一覧を表示することができます。一覧リストの中から任意のログを選択し、作業漏れがないかどうかの確認や、追加登録を行うことができます。消去記録の詳細情報をCSV形式のファイルに出力・リスト化することも可能です。

※出荷済みの機種に関しましては一部オプションに対応していないものがございます。
詳しくは お問い合わせください。

磁気記録消去装置 MagWiper MW-30000X 製品仕様

商品名 MagWiper All In One
型名 MW-30000X
消去対象
磁気メディア
B4ノートパソコン(B4以下のサイズ)、ハードディスク(厚型ディスクも可)、OpenReel、LTO、DDS/DAT、DLT、CMT、9940、3592、AIT、VHS、FD 他
※一覧に含まれていない磁気メディアについては、別途お問い合わせください。
ハードディスク
対応記録方式
垂直磁気記録方式、面内磁気記録方式(長手)
蓄電時間 25秒
データ消去時間 0.1秒
発生磁界 800 kA/m(約10,000 Oe相当)
電源仕様 AC100V 50/60Hz
消費電力
(充電時 最大)
100V/15A
消費電力
(待機時)
100V/0.07A
外形寸法 550(W)×463(H)×670(D)mm
消去領域/
チャンバー領域
315(W)×90(H)×364(D)mm / 315(W)×90(H)×364(D)mm
質量 143kg
動作環境 5~35℃、湿度20~80%以下(結露なきこと)
付属品 HDD固定トレイ、汎用固定トレイ
AC電源ケーブル、取扱説明書 、保証書
製品外観

MagWiperシリーズ 製品ラインナップ

お問い合わせ

その他詳細につきましては、以下のお電話番号またはお問い合わせフォームにてお問い合わせください