ハードディスク デュプリケーターの販売を発表

2009年2月17日

アドバンスデザイン株式会社(神奈川県川崎市、代表取締役:本田正)は、パソコンのキッティング作業の効率化を図るための高性能なハードディスク デュプリケーターを2月21日より販売開始することを発表。アドバンスデザインでは、今までにも、キッティングを業務としている企業に対し、イメージ配信システム、データ消去システムなどを提供し、好評を得てきた。

アドバンスデザインは、高度な復旧技術と、信頼おけるデータ復旧サービスを行っている大手企業で、高いシェア率を占めている。今回のハードディスク デュプリケーターはこれらのキッティングを行っている企業から、高性能で効率よく作業ができる機械が望まれている声に応えたものである。

「DD-200シリーズ、TA-2000シリーズ」の特長

スタンドアローン式の簡単操作
パソコンと接続不要
「mode」ボタンでコマンドを選択して「GO」ボタンを押すのみ
業界トップクラスの高速コピーを実現
3.5インチシリアルATAの場合 理論値:約9GB/min 実測値:約4GB/min
※接続するハードディスクの仕様により異なります。
品質チェック機能
マスターとターゲットディスクのデータの照合を本体で可能。
コピー時間を短縮
データ領域のみをコピーすることが可能のため、コピーの時間を短縮できます。
(ファイルシステムにより対応状況が異なります)
ポータブル性
軽量(DD-221:2.5kg)、小型設計(DD-221:W170×H50×D250)
携帯性に優れているため、作業場所が離れている場合でも、持ち込んでの作業が可能です。
ハッシュ値による照合機能
CRC32及びMD5方式に対応(初期設定はOFF)
各種OSに対応
Copyモードであれば、OSに依存することなくコピーすることができます。

各製品の仕様、価格など

型番 DD-218 DD-221 TA-2000
商品名 1対2型HDDデュプリケーター(SCSI 1対1型) 1対2型HDDデュプリケーター 1対14型HDDデュプリケーター
コピー台数(MAX) IDE,SATA2台/SCSI 1台 2台 14台
インターフェース SATA,IDE(2.5,3.5インチ)※DD-218はSCSI対応
Quick Copy対応FS DOS/Windows3.1/95/98/Me/NT4.0/2000/XP/Vista(FAT16/32/NTFS)
LCD表示 20×2 LCD 20×2 LCD 192x32pixel LED
消費電力 最大150W 最大150W 最大500W
重量 2.5kg 2.5kg 10kg
付属品 電源ケーブル、ATA I/Fケーブル、DCケーブル、3.5”→2.5”変換コネクタ、取説(以降DD218)SCS180及び50pin変換コネクタ、SCS168pin I/Fケーブル 電源ケーブル、SATA I/Fケーブル、DCケーブル、取説
商品画像

本件に関するお問い合わせ先
アドバンスデザイン株式会社
Tel:044-333-3935
Fax:044-355-4940

その他の最新情報
その他の最新情報はこちらをご覧ください。