被害支援策として、被災中心地での「現地・即日データ復旧サービス」を開始致しました

2011年3月15日

日本データ復旧協会加盟のアドバンスデザイン株式会社と、同 日本データ復旧協会加盟、株式会社データサルベージコーポレーションは、東北地方太平洋沖地震の被災地の中心に位置する宮城県仙台市の営業所において、14日より「現地・即日データ復旧サービス」を開始致しました。

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震によって、多くの方々と企業の皆様が被害に遭われた事と存じます。また、災害の際に発生したコンピュータ障害により、貴重なデータの被害に遭われた方も多いものと思われます。心よりお見舞い申し上げます。

日本データ復旧協会加盟のアドバンスデザイン社、データサルベージ社が今回提供する「現地・即日データ復旧サービス」は、今回の地震・津波に起因するデータ障害にお困りの方で、データサルベージ社の仙台営業所

所在地:宮城県仙台市若林区新寺1-3-19 仙台FLEX1ビル1F
TEL: 022-298-7630 / FAX: 022-298-7631 携帯電話:080-5557-2018

に直接お持込いただける客様に、無償にてデータの復旧を即日提供するもので、パーソナルコンピュータのみならず、サーバ等に使用されているRAIDシステムまでに対応し、その時点で最も必要とされる、特に公的な「行政的な住民にかかわるデータなどの救出」を最優先として行います。現地で使用可能な設備が限定されているため、データ障害の原因・程度によっては、即日処理対応が不可能な場合もありますが、そのような場合でもデータ復旧可否についての診断・判定までは可能です。

今回の「現地・即日データ復旧サービス」は、配送業者などのインフラも十分に回復していない状況で、現地で必要とされているデータのより早い救出を試み、今回の災害被害の復旧支援に対する協力を目的とするものです。

アドバンスデザインが少しでも皆様の災害復旧活動のお役に立てれば幸いでございます。

本件に関するお問い合わせ先
アドバンスデザイン株式会社
Tel:044-333-3935
Fax:044-355-4940

その他の最新情報
その他の最新情報はこちらをご覧ください。