パソコンから異音がするときどうしたらいい?初心者でもできる対処法

パソコンからは、ファンの回転する音やHDD(ハードディスク)の駆動音などさまざまな音がします。しかし、時として「カコンカコン」や「ガリガリ」など、聞き慣れない異音がしてくることがあります。それはもしかしたらパソコンの不具合を知らせるシグナルかもしれません。

異音は放置していると大きなトラブルにつながり、大切なデータを消失してしまうことがあります。今回はそうなる前に知っておきたい、パソコンから出る異音の種類と、異音の原因・判断方法を紹介します。

パソコンの異音ってどんな音?異音の種類と症状判断

どんな音が異音?

まずは、パソコンから聞こえてきた音が正常な音か異音なのかを音別に紹介します。

カリカリ、ジージーというような小さな音
ソフトやアプリケーション起動時などにこのような音が発生する場合があります。
これは、HDDがデータを読み書きする際に発生するシーク音と呼ばれるもので、パーツの仕様上発生する正常な音です。
小さい音ですが気になる場合は、HDDの静音ケースを使用して静音化させましょう。

カコンカコン、カタカタ、ガキッというような音
HDD本体に何らかの故障が発生し、データを読み取れなくなっていることが考えられます。
できればそうなる前に相談するのが好ましいですが、完全に読み取れなくなってしまった場合には、メーカーに相談してください。
メーカー相談後に機器修理の必要があると判断されたときは、データについてはどうなるのか確認するようにしましょう。
基本的な考え方としては中のデータについては戻ってこない(保証されない)ケースが大半なので、その場合には修理前にデータ復旧業者に相談するようにします。

シャー、シーッと擦ったり引きずったりするような音
HDDの磁気ヘッドが何らかの故障によりプラッタ(磁気ディスク)に接触している際に発生する異音です。
この音がする場合は今すぐパソコンの電源を切り、それ以降電源を入れないようにしてください。
そのまま使用を続けると、プロの業者でも復旧をすることができなくなる可能性があります。

ブーンというモーターが回転するような音
パソコンにセットされたCDやDVDなどのディスクや、パソコンを冷却させるファンが高速回転する際に発生する正常な音です。
特にパソコンを起動した直後など、パソコンに強く負荷がかかっているときは熱が発生し、その熱を冷却するためにファンは高速で回転します。
このブーンという音がひときわ大きくなることがありますが、その場合は、ホコリがたまったことでファンがスムーズに回っていない可能性が考えられます。

カラカラ、ガリガリというような音がファンからする
ファンがケーブルと接触している音か、ファンの故障の可能性があります。
まずはファンとケーブルの状態を確認し、ケーブルがファンに当たらないようにする必要があります。

無音
本来パソコンはファンの回転する音やHDDのシーク音など、常に何かしらの音がするものです。
無音状態の場合はそれらのパーツが動いていないということなので、知識のある方はファンやHDDの電源を確認し、BIOSやOSでHDDが正しく認識・マウントされているか確認するようにしましょう。

正常な音と異音を聞き分けるのは難しい

パソコンの正常な音・異常な音の判断はとても難しいものです。
実際に正常な音・異常な音のどちらも聴いたことがある人か、それらについて詳しい人でなければ、正常な音なのか異常な音なのかの判断はつかないものです。
そのため、異音が発生しているにもかかわらず完全に故障するまで使用し続けてしまい、データの復旧ができなくなることが多々あります。
聞き慣れない音がして不安な方は、メーカーや専門の業者に相談しましょう。

異音がしたときの対処方法

どこからの異音か確認。故障の原因を探る重要なポイント

異音の発生に気づいたら、発生箇所を特定します。
発生箇所の特定は難しいものですが、初心者でも発生源だと判断しやすいパーツがあります。まずはそれらのパーツから調べていくといいでしょう。

HDD
カコンカコン、シャー、シーッなどというような音がする場合はHDDの可能性が高いといえます。
パソコンにはアクセスランプという、パソコン起動時や起動後初めてソフトを開くときなどに点滅するランプがあります。
アクセスランプが点滅しているときに異音が発生しているのであれば、HDDが発生源である可能性が考えられます。

ファン
ブーンという大きな音や、カラカラというような音がする場合はファンが原因の可能性があります。
大きな音なので、耳を近づければどのファンから異音がしているかは分かりやすいはずです。
パソコンには電源・CPU・グラフィックボード・ケースなどさまざまな箇所にファンがついているので、どのファンから異音が鳴っているのか一つ一つしっかり確認しましょう。

CD/DVDドライブ
ブーンという大きな音がした際にディスクが挿入されていたら、CD/DVDドライブのトラブルが原因の可能性があります。
ただし故障を疑う前に、ディスクがきちんと挿入されているか、設置箇所に問題がないかなどについて確認してみてください。

異音がしたときにやってはいけないこと

異音が発生したときにやってはいけないことは以下のようなものがあります。

  • 異音を放置し使用を続ける
  • 電源をつけたり消したりする
  • 再起動を繰り返す
  • 「たたく」など、衝撃を与える
  • 分解する

そもそも異音と感じるような通常では聞き慣れない音がした段階で、メーカーに問い合わせるのが懸命です。
異音の発生後もパソコンを起動し続けたり再起動を繰り返したりすることは、パーツに負荷をかけ続けることになり、それが原因で故障しパソコンが起動しなくなることがあります。
また、パソコンは精密機械なので、衝撃を与えるなど乱暴な扱いをすると症状が悪化する可能性が高くなります。

異音の対処方法

HDDから異音が発生している

HDDから異音が発生している場合は、かなり危険な状態であるといえます。
そのまま使用を続けるとデータを消失する恐れがあるので、直ちにメーカーや専門の業者に相談しましょう。

前述のようにHDDを修理に出した際には、データがすべて消えた状態で返却される可能性が高いので、おかしいと気づいたときにすぐにプロの意見を聞くことが大切です。
故障間際という判断でバックアップを取るべきという考えは正しいですが、バックアップ作業途中に致命的な故障が発生するケースが多々あります。
そうなる前に事前にバックアップを取るよう心がけましょう。

HDDを認識しないなど、バックアップができない状態であれば修理に出す前に専門の業者に相談して、データを復旧するのがおすすめです。

ファンから異音が発生している

パソコンは放置していると、内部に驚くほどホコリが溜まってしまいます。定期的にきちんとパソコン内部を掃除しましょう。
掃除をする際は、パソコンの電源を落としコンセントを絶対に抜いてください。何らかの拍子にパソコンの電源が入りファンが高速で回転するととても危険です。

パソコンの掃除をする場合は、ホコリが飛ぶためマスクを着用し、エアダスターかピンセットを使って行います。
ホコリに向けてエアダスターを噴射するか、ピンセットでホコリを取り除きましょう。
また、ファンはなるべく手で持たないようにしてください。強い力を加えてしまうとファンの軸がずれ故障の原因になります。

ファンにケーブルが接触して異音が発生している場合は、ケーブルバンドなどでケーブルがファンに当たらないよう固定しましょう。

データ復旧業者など専門業者に依頼すべきケースとは?

異音がしてもしばらくはパソコンが使えることが多いため、対処を怠ったまま使い続けてしまうこともあります。原因が分かっても対処ができないからといって使い続けていると、大切なファイルや写真データが消失してしまうことも少なくありません。

もし、データが消失してしまった場合、データを復旧するには専門の知識や経験が必要になります。
異音がするような物理障害が発生したHDDからデータを復旧するのは難しいため、専門の業者に依頼しましょう。

ただし、パソコンには企業や個人の情報が含まれているため、高いセキュリティ体制をしいた信頼のおける業者を選ぶのがポイントなります。
特に異音発生時には物理障害による故障である場合が多いため、高い技術力やノウハウ、会社の歴史なども参考にするようにしましょう。

アドバンスデザインは高いセキュリティレベルと、データ復旧技術を持った専門のエンジニアが、企業・個人問わず復旧サービスを行っています。
メディアもパソコン、サーバー、外付けHDD、USBなど幅広く対応していますので、まずは無料初期診断サービスにお申し込みください。


データ復旧サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。
サービスお申込み
データ復旧サービスへのお問い合わせはこちらをご覧ください。
データ復旧サービス お問い合わせ

コラム一覧へ