パソコンのデータが消えた!データを復元するための方法とは?

仕事で扱うExcelファイルやWordファイル、思い出の詰まった家族写真、購入したソフトウェアなど、パソコンの中には大切なデータがたくさんあります。
しかし、そんなファイルやデータを誤って削除してしまったり、また、パソコンの故障などで突然消えてしまったりすることがあります。

今回はそういったファイルやデータの復元方法や注意点を紹介します。

誤って消してしまったデータを復元する方法

ごみ箱からデータを復元する

通常、削除したデータはごみ箱に入ります。
しかし、ごみ箱へ入れてもデータが消えているわけではありません。
日常生活で、ごみ箱にごみを捨てても収集に出すまではなくならないのと同じようなイメージです。

削除してごみ箱に入ったデータを復元する方法は簡単です。

  1. デスクトップのごみ箱のアイコンをダブルクリック。
  2. 削除したデータの一覧が表示されるので、復元したいデータを右クリック。
  3. 「元に戻す」をクリック。

これで、削除される前にあった場所にデータが復元されています。

もしごみ箱のアイコンがデスクトップにない場合は、以下の方法で表示してください。(Windows10)

  1. デスクトップの何もない場所を右クリックし、「個人設定」または「個人用設定」を左クリック。
  2. 左のメニューから「テーマ」を左クリックし、「デスクトップ アイコンの設定」を左クリック。
  3. 「ごみ箱」にチェックを入れて、「OK」ボタンを左クリック。

しかし、ごみ箱があるからといって必ずデータが復元できるわけではありません。
通常、ごみ箱にデータを移動しただけでは完全削除にはならず、データは残っていますが、大きな容量のデータはごみ箱に入らず、そのまま削除されてしまうことがあります。

これは、ごみ箱の中のデータを削除する(ごみ箱を空にする)ことと同様の処理がなされますが、さきほどのイメージでいうと、ごみ収集車にごみを出すことと同じなので簡単にはデータを復元できなくなります。
Windows10のCreators Update以降は「ストレージセンサー」という機能が追加され、定期的にごみ箱の中のデータを自動削除する設定が可能になったため、設定をしている場合はより注意が必要です。

バックアップデータがある場合の復元方法

データを復元するにはさまざまな方法がありますが、その中からWindows10の「ファイル履歴」・Macの「タイムマシン」を使い、バックアップしておいたデータから復元する方法を紹介します。
これらは、あらかじめバックアップの設定をしていた方のみ復元できる方法です。

Windows10のファイル履歴

  1. 左下のスタートボタンを左クリックし、「Windowsシステムツール」を左クリック。「コントロールパネル」を左クリック。
  2. 「ファイル履歴でファイルのバックアップ コピーを保存」を左クリック。
  3. 左のメニューから、「個人用ファイルの復元」を左クリック。
  4. バックアップしてあるデータ一覧が表示されるので、左右のボタンを左クリックし、必要なファイルがあったと思われる日付にさかのぼった後、表示された復元したいファイルかフォルダを左クリック。
  5. 緑色のボタンを左クリック。

Macのタイムマシン

  1. 右上のメニューバーのタイムマシンアイコンを左クリック。
  2. 「Time Machineに入る」を左クリック。
  3. 復元できるファイル一覧とその日付が表示されるので、右側に矢印ボタンを左クリックし、復元したいファイルがあった可能性のある日付を選びます。
  4. 復元したいファイルを左クリック。
  5. 「復元」ボタンを左クリック。

またソフトウェアそのものが使えなくなった場合に、Windowsには「システムの復元」という機能があります。
「システムの復元」とは、あらかじめ以前のシステムの状態を「復元ポイント」として記録しておき、いつでもパソコンをその時点まで戻すことができる機能です。
主にシステムの障害やデータ破損が発生した場合に使用します。

しかし、「システムの復元」には注意点があります。
「システムの復元」は、システムのみを復元する機能なので、ユーザーのデータやファイルを復旧する目的では使うことはできません。
むしろ「システムの復元」を使用すると、削除された部分のデータが上書きされデータの復旧が不可能になる場合があります。

データ復旧ソフトを使う場合の注意点

データ復旧ソフトとは、消えてしまったデータを復旧するためのソフトです。市販のソフトから無料のソフトまであり、手軽に行えるというのが主な利点です。しかし、データ復旧ソフトを使う場合には気をつけなければいけない注意点があります。

よくやってしまうのが、復旧したいパソコンにデータ復旧ソフトをインストールしてしまうことです。
データを復旧させたいパソコンに直接データ復旧ソフトをインストールしてはいけません。
データ復旧ソフトをインストールしてしまうと、データが上書きされてしまい、削除されたデータが復旧できなくなる可能性があるからです。
復旧用のパソコンを別に準備してデータ復旧ソフトをインストールし、復旧したいパソコンのデータ復旧を試みます。復旧したいパソコンの中からHDD(ハードディスク)、あるいはSSDを取り出し、直接、外付けハードディスクのような感覚で復旧用パソコンにつないで復旧を試みる方法です。

またデータ復旧ソフトは、ファイルシステムの破損やOSの不具合などの「論理障害」にしか対応できません。
HDDそのものが故障しているなどの「物理障害」にはデータ復旧ソフトは対応できません。
論理障害か物理障害かの判別がつかないまま、何度もデータ復旧ソフトを使用してパソコンを動作させ続けるとデータの復旧が不可能になるケースもあるので注意が必要です。

データ復旧業者に依頼する際の基準とは?

データの復旧に関してもっとも安全な方法が、データ復旧の専門業者への依頼です。とはいえ初めての利用には不安もあるかと思います。そこでどんな時に依頼すればいいか、依頼に関する注意点などを紹介します。

消えたデータがとても重要なとき

例え消失しても「作り直せばいい」と思えるデータがある一方、替えがきかずに後悔しきれないようなケースもあります。例えば「重要な仕事のファイルが消えてしまった」「大切な家族や旅行の写真を消してしまった」などです。
そのような大切なデータが消えてしまった場合には、誤った処置によりデータが完全に消失してしまうリスクを考え、初めからデータ復旧業者に依頼することをおすすめします。

データ復旧業者ならば高い技術と豊富なノウハウで、安全かつスピーディーに大切なファイルの復旧を行います。ただしパソコンには企業や個人の情報が含まれているので、高いセキュリティ体制をしいた信頼のおける業者を選ぶのがポイントです。

システムの不具合でパソコンのデータが消えたとき

OSが正常に起動しなくなったり、ウィルスに感染してしまったりした場合、仕方なくリカバリをすることがあります。

リカバリとは、パソコンを初期状態に戻すことをいいますが、システムは回復しても、ドライブのデータは全て削除されてしまいます。
もし、バックアップも取らず、復元ポイントも設定せずにリカバリをしてしまった場合は、パソコンに新しいデータを入れたり、ソフトをインストールしたりするのは避けてください。データが上書きされ、復旧率が低下していきます。少しでも多くのデータを復旧できるように、すぐに電源を落としてデータ復旧業者に依頼しましょう。

データトラブルの際にやってはいけないこと

データが消えてしまった場合、避けるべきポイントがいくつかあります。まず、データ復旧には焦らないことが重要です。
データを元に戻そうとしてやみくもに操作を繰り返してしまったために、データの復旧が不可能になることもあります。データが消えてしまった場合は、新しいデータの書き込みやファイルの作成、ソフトのインストールなどを行わないことが原則です。

落ち着いて、なぜデータが消えてしまったのか、自力で復旧させることができるのか、データ復旧業者に依頼すべきなのかを考えましょう。

また、データ障害にはファイルシステムの破損などの「論理障害」と、HDDなどが破損した場合の「物理障害」がありますが、それぞれの障害時にしてはいけない注意事項があります。

論理障害

  • 主な症状や原因…ファイルシステムの破損、誤操作によるファイルの削除、ウィルスの感染、OSが起動しない、OSの不具合、など

論理障害が発生したときに思わずやってしまうのがチェックディスクなどのディスク検査機能を使用することです。チェックディスクとは、HDDの中に破損したデータや異常があるファイルがないかを検査して修正する機能で、不具合がある部分をすべて削除します。
つまり、論理障害が発生しているデータを削除する可能性がある上、その結果を上書きしてしまうので復旧ができなくなることがあるのです。

物理障害

  • 主な症状や原因…異音や異臭がする、BIOSでHDDが認識されない・動作していない、強い衝撃を与えてしまった、停電や強制終了などでシステムを正常終了できなかった、経年劣化、など
  • 主な判断方法…転倒や落下をしてしまった、直近通常よりもやけに処理が遅かった、など

物理障害で気を付けなくてはならないのが、電源のオンオフを繰り返すことです。特にHDDにおいては電源のオンオフにより、ディスクのデータ記録面に傷をつけてしまい、永遠にデータが消失してしまうことがあります。 機器の異常に気付いたら電源を落とし、以降は起動をしないようにします。

論理障害でも物理障害でもトラブルが起きたら速やかにパソコンの電源を切り、早めにデータ復旧の専門業者に相談してください。

データ復旧サービスについて

データが消えてからどのような対応をするかによって、データの復旧率は大きく異なります。
自力では対応ができないかも知れない、と少しでも感じる方や、データが消えた原因が分からないときはすぐにパソコンの電源を切り、できるだけ何もせずにデータ復旧業者に相談をするのが、一番復旧率が高いといえます。

アドバンスデザインでは、高品質のデータ復旧サービスを提供しています。
Windows、Mac、Linuxなど、全てのOSやシステムに対応可能です。パソコンやサーバ、外付けHDD、USBなど幅広く対応していますので、お気軽にお問い合わせください。


データ復旧サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。
サービスお申込み
データ復旧サービスへのお問い合わせはこちらをご覧ください。
データ復旧サービス お問い合わせ

コラム一覧へ