SSDの寿命はどれくらい?SSDの寿命に関する情報(SSDの特徴・データ記憶媒体比較・故障予兆・故障症状・寿命延ばす対策)

SSD(ソリッドステートドライブ)は以前と比べて販売価格も安くなり、データ容量の主なサイズもMBからGBに変化しつつあります。また、登場したばかりの頃に比べて安定性が向上して寿命も長くなり、OSを入れるドライブにSSDを利用している人も増えています。SSDはHDD(ハードディスクドライブ)と比較して、読み込みや書き込みの速度に優れ、内部にモーターを持たないため高い静粛性を持っています。特に速度に関しては、読み書きの速度は約2~3倍と、圧倒的な高速でデータを扱えます。そのためOSの起動時間の短縮や、ゲームのローディングが早くなるなど、メリットは多数あります。

一方で10TB以上のサイズ容量も登場しているHDDと比較すると、SSDは容量も小さく、容量あたりの販売価格も高いのが現状です。
ここではそんなSSDの気になる話題の中から寿命について取り上げます。SSDの寿命5年説は本当なのか。他の記憶媒体との比較や故障予兆、故障時の症状や寿命を延ばす対策まで、SSDの寿命に関するそこが知りたいという情報を紹介します。

SSDの寿命に関係する3つのこと

SSDの寿命を決める要素は3つ。書き込み回数と、空き容量、そして使用時間です。SSDはNAND型フラッシュメモリと呼ばれるメモリを使用しており、これはメモリーカードやスマートフォンの記憶媒体と同じ型式です。データの上書きができないため、NAND型フラッシュメモリは「データの空き容量に新しいデータを書き込み、前のデータを消去する」という動作をします。これがSSDの寿命に大きく影響してきます。

書き込み回数

SSDは書き込み回数の頻度が上がると、次第に劣化していく性質を持っています。これは電子のやり取りでデータを記録していくSSDの構造上、頻繁に書き込みを行うとSSDの劣化が進み、使用できないセルが次第に増えていくため、寿命に大きく影響します。

様々なテストが行われており、書き込みが可能な回数はデータの保持形式によっても変わることがわかっています。近年増加している大容量SSDに使用されているTLCと呼ばれる方式では、1セルあたりの書き込み可能回数は1千回と言われています。

容量(空き容量)

動作の性質上、SSDにデータの書き込みをする時は、まず空いている新しいセルに書き込みを行い、前のデータを消去して、SSD内でデータの位置の整理を繰り返しています。この動作は通常、SSDにアクセスしていない時に内部で行われますが、空き容量が小さい場合SSDの速度に影響を及ぼし、パソコンの動作自体を不安定にさせます。

また、空き容量が小さいと頻繁に内部の整理が行われて書き込み頻度が上がるため、気づかないうちに寿命が縮んでしまいます。このためSSDは全体のデータ容量が大きくなるほど、書き込みへの耐久度が上がります。

使用時間

SSDの書き込みとデータの保持は、電子の出し入れによって行われています。そのため長期間使用すると、SSD内部にあるトンネル酸化膜と呼ばれる絶縁体が、電子の出入りによって劣化していきます。最終的に劣化が進んで電子が通過しやすい部分ができてしまうと、データを記憶しておく電子をとどめておけなくなり、その部分が不良セルとなるため、認識できなくなります。これを繰り返すことで、SSDは次第に使えないデータ容量が増えていきます。

SSDとHDDとeMMCの違いとSSDの寿命を知る目安

記憶媒体には、SSDの他にパソコン向けに一番普及しているHDDと、スマートフォンやタブレット向けのeMMCがあります。それぞれに特徴があり、SSDとは異なる性質を持っています。

SSDとHDDとeMMCの違い

SSD(ソリッドステートドライブ)

NAND型メモリにデータを記録します。広く使われているフラッシュメモリで、高速の読み書きを得意とします。構造上、一切使用していない新品でも内部の絶縁皮膜が10~15年ほどで経年劣化してデータが徐々に消失するため、長期間のデータ保存には向きません。近年、メーカーの努力によってデータ容量のサイズもGB単位が主流になってきていて、データ容量に限らず日々進歩しています。

HDD(ハードディスクドライブ)

プラッタと呼ばれる円盤型の磁気記憶媒体に磁気ヘッドでデータを書き込み、読み込みします。プラッタはモーターが内蔵されて回転しているため、回転音がしたり衝撃に弱い性質があったりします。その他、回転速度によってデータの読み書きが影響するため、SSDに比べるとデータの読み書き速度が低速です。
また、複雑な構造をしており、SSDやeMMCに比べると大型で重く、電源消費量も多くなります。代わりに大容量のデータを保持するのが得意なので、速度にあまり影響されないバックアップ用などに向きます。

eMMC(embedded Multi Media Card)

eMMCは「embedded Multi Media Card」という埋め込みマルチメディアカードを表す用語の略語で、SSDと同様のフラッシュメモリを使用した記憶ストレージです。SSDと比較すると読み書きの速度は劣りますが、消費電力は3つの記憶媒体の中で一番低く、SSDよりもさらに小型です。そのため、バッテリーで駆動するスマートフォンやタブレットに向いており、モバイル端末メディアに広く使用されています。

NAND型フラッシュメモリの記録方式の違い(SLCとMLCとTLCの違い)

SSDには、NAND型フラッシュメモリの記録方式として、さらに3つのタイプがあります。
SSDはセルの中にある電子の蓄積でデータを記憶しており、セルの中に保有する電子の数を増やすことで大容量化を図っています。しかし、容量が増える反面で電子の出入りが激しくなることで、劣化が進みやすくなります。

SLC(Single Level Cell)

1つのセルに電子が1つ入っており、セルの中の電子の有無で01が記録されます。1セルに1ビットしか記録できないためデータ容量は少なくなり、SSDの容量が大きくなると高価になりますが、10万回程度の書き込みに耐えるので信頼性と速度は高くなります。

MLC(Multiple Level Cell)

電子が2つ入っており、2ビット記録することができます。SLCよりやや容量単価が下がる反面、書き込みの耐久性も1万回程度に下がってしまいます。

TLC(Triple Level Cell)

電子が3つ入っており、3ビット記録することができます。SLCよりも安価で大容量化できるため1TB以上のSSDでも比較的手頃な値段で購入できる代わりに、1セルあたりの書き込み耐久は1千回程度まで激減します。SLCに比べると劣化が早いため、信頼性は下がります。

SSDの寿命を知る目安

実はSSDの具体的な寿命はメーカーも公表していません。各社メーカー保証も1年から3年とばらつきがあるのが現状です。2014年から2015年にかけて1年以上に渡る書き込み実験を行った海外のレポートでは、完全に機能しなくなるまで1000TB以上という報告があります。かなりの耐久性があることは証明されていますが、SSD自体には経年劣化の寿命が存在します。

これらを踏まえ、通常はドライブとして使用に耐えなくなるのは「SSD容量÷1日の平均書き込み量」で算出できると言われています。ただし、使用環境でも変わってくるので、動作が重くなるなど故障の予兆があれば寿命が近いと考えてよいでしょう。現在使用しているSSDの具体的な書き込み回数などは、CrystalDiscInfoと呼ばれるフリーソフトを使用することで、SSDの寿命をある程度予知できます。

SSDが壊れる時の予兆(故障原因を知ろう)

SSDの寿命が近づいてくると、特徴的な予兆が出てきます。

  • 処理速度の低下
  • デフラグ時のエラーの発生
  • アンセーフシャットダウンの頻発

これらは、SSD内部で使用できなくなった不良セルの増加によるものです。1つずつ、具体的な症状を見ていきましょう。

処理速度が体感で遅くなる

パソコンを起動後、しばらくするとパソコンがマウスやキーボードの操作をまったく受け付けなくなり、フリーズした状態になることがあります。また、高速での読み書きができなくなり、体感で処理速度が低下します。これは本来読み書きされていない時にデータセルの整理をするSSDが、使用できるセルの減少によってパソコンがSSDを使用している時にも、並行してデータセルを整理する処理を行うため、動作負荷が生じてしまうからです。特にフリーズが頻発すると、SSDの寿命が近い状態であると言えます。

デフラグした時にエラーが起こる

デフラグ中にエラーが発生して止まる頻度が上がると、SSDの故障の前兆です。エラー原因は、劣化によって使用不能になったセルが増えているためです。使用不能セルが増えるごとに、SSDの寿命は格段に短くなります。
また、構造上、SSDはデフラグ自体を推奨していません。寿命の確認のためにデフラグを行うと逆に寿命自体を縮めてしまうため、使用不能セルを確認するにはCrystalDiscInfoなどのフリーソフトを使用したほうが良いでしょう。

アンセーフシャットダウン回数が増える

寿命が近づくとデータの読み込みに頻繁に失敗し、OSのシャットダウンが突然発生します。この回数が増えるとSSDの寿命は間近です。アンセーフシャットダウンが3~4回続く場合は故障する予兆と判断し、バックアップとSSDデータの引越し早めに行いましょう。

SSDが故障した時の症状

SSDとHDDは、予兆こそ異なりますが、壊れた時の症状はほぼ同じです。まずは故障の状態を把握し、できる範囲で的確な対処が必要です。

ブルースクリーン画面が多発する

ブルースクリーンの画面には、エラーの原因が表示されます。すぐに再起動せず、まずはエラーコードを確認しましょう。内容によってはSSDの寿命ではなくOS側の問題や、メモリの不良、仮想メモリの不足の可能性もあります。

また、頻繁なブルースクリーンをすぐに再起動すると、故障はさらに広がり、万一の時のデータ復旧も困難になります。エラーコードを確認し、内容に沿った対処をする必要があります。

OS起動後にフリーズが多発する

WindowsOSやMacOS問わずに起こる事象で、症状の原因は、使用不能セルが増大したために、SSDの読み書きが困難になっているためです。SSDは構造上、安定した使用のためにはある程度の空き容量が必要です。しかし故障しているSSDは使用不能になったセルが大量に発生しているため、空き容量が確保できていません。

セーフモードで起動し、取り出せるデータはできるだけ速やかにバックアップすることをおすすめします。壊れたSSDはデータの読み書きをするたびに故障の度合いが飛躍的に上がります。フリーズのたびに再起動するとさらに故障が悪化するので、できるだけすぐに電源を切り、データ復旧の専門業者に相談しましょう。

SSDドライブが認識できなくなる

故障の予兆でも起きる現象ですが、ドライブが認識できないと警告され、マウントに失敗します。これもデータ領域の破損によるものです。外付け用のケーブルなどを使用し、別のパソコンに外部から接続することで、データを取り出せる可能性があります。

しかし、故障しているSSDのデータは非常に不安定で、読み込みを繰り返すだけでさらに破損することがあります。取り外しや外付けに自信がない場合は、パソコンのメーカーサポートやデータ復旧業者に依頼したほうが確実です。

SSD寿命を延ばすための実施事項

SSD全体のセルを均等に使うことが長寿命化のコツと言って過言ではありません。そのためには、SSDの読み書きを最大限に減らすことが重要です。

SSDへの読み書き軽減

頻繁にデータを読み書きするドライブに指定するのは止めましょう。速度を求めないプログラムや写真などは、HDDにインストールやバックアップ保存をして、SSDの負担を軽減することで、寿命がかなり伸びます。特に「ページリンクファイルを無効化する」、「一時ファイル・キャッシュの位置を変更する」この2つが重要です。チェックディスクの頻度など、読み書きする処理はすべき気にかけるようにしましょう。

Windowsは物理メモリが不足するとドライブ内を仮想メモリとして使用します。これは高頻度での書き込みになるのでSSDには好ましくありません。また、一時ファイルの保存も頻繁な書き込みを行うため、SSD以外のHDDなどに指定しましょう。読み書きのどちらでも劣化が進むのがSSDの性質なので、その点において耐久度の高いHDDと併用して、上手く負荷を分散させましょう。

空き容量を常に一定量確保する

空き容量が小さくなることは特定セルへの高頻度の書き込みを誘発し、SSDの寿命を縮めることに直結します。SSDはHDDと違って上書きできないので、空き容量にデータを書き込んでから前のデータを消し、さらに内部で前にデータがあった位置に移動するため、空き容量が小さいと同じセルに何度もデータが書き込まれて部分的な劣化が進みます。全体の約25%以上の空き容量を常に確保するように気をつけましょう。

デフラグをしない

一見デフラグはSSD内のデータを整理して断片化を修復し高速化するように思われますが、それだけ激しく読み書きを行うため、寿命を縮めてしまいます。SSDは構造的にHDDとは全く異なります。HDDは断片化すると速度が遅いこともあり格段に影響が出ますが、SSDは高速なのでさほど影響はありません。また、内部である程度SSD自身がセルの整理を行うので、デフラグはデメリットのほうが圧倒的に大きくなります。自動デフラグ機能を無効にすることも有効です。

SSDの寿命に関する情報、故障した時の予兆(原因)や症状を紹介しました。
SSDも日進月歩でよりよいものがどんどん出てきていますが、使い続ければいつか必ず壊れてしまいますし、突然のトラブルも起こり得る可能性もあります。
こちらを参考に、寿命を長くより快適に利用するための設定に取り組んでみてはいかがでしょうか。


データ復旧サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。
サービスお申込み
データ復旧サービスへのお問い合わせはこちらをご覧ください。
データ復旧サービス お問い合わせ