パソコンがHDDを認識しない!原因と解決方法を知って今すぐ対処しよう

パソコンがHDD(ハードディスク)を認識しなくなると非常に困りますよね。
内蔵HDDを認識しなくなればOSが動かなくなる可能性があります。
外付けHDDを認識しなくなれば、保存してある大切なデータにアクセスできなくなります。
今回は突然パソコンがHDDを認識しなくなったときの原因や対処法、注意点について説明します。

「故障の原因よりも早急にデータを復旧したい!」などの場合は、ぜひ無料初期診断サービスをご利用ください。無料初期診断でトラブルの原因を判断し、高い技術力を持ったエンジニアがデータ復旧を行います。

無料初期診断のお申込みはこちら

パソコンが外付けHDDや内蔵HDDを認識しないとき、考えられる原因とは?

パソコンがHDDを認識しないとき、考えられる主な原因をいくつか挙げてみましょう。

  1. 交換や増設、外付け用に用意したHDDの初期化・フォーマットをしていない
  2. 外付けHDDの電源やケーブルなどの接続が正しくない
  3. 外付けHDDがデバイスとして認識されていない
  4. 外付けHDDにドライブ文字が割り当てられていない
  5. パーティションの破損などHDDに論理障害が起きている
  6. HDD自体に物理障害が起きている

「1.交換や増設、外付け用に用意したHDDの初期化・フォーマットをしていない」について心当たりのある方は、まず、HDDの初期化・フォーマットの状況を確認してみましょう。

パソコンがHDDを認識するときには段階があります。まず、パソコンなどの機器にHDDを認識させるためには初期化が必要であり、認識させたHDDを使用するためには、フォーマット作業をしないと使用できません。
市販されている外付けHDDの多くは、初期化・フォーマット済みですが、既存のHDDをOSの異なるパソコンで使用する場合などは、注意が必要です。

「2.外付けHDDの電源やケーブルなどの接続が正しくない」が疑われる場合は、コンセントを抜き差ししたり、USBコネクタを抜き差ししたりして、ケーブルが正しく接続されているか確認しましょう。 別のコンセントを試したり、延長コードを使わずに直接電源を取ったりなども試してみてください。

USB接続の外付けHDDであればUSBコネクタの抜き差しや、他のUSBポートに差し替えることで復旧することもあります。
ただし、外付けHDDに大切なデータがある場合は物理的なケーブルの抜き差しをしてしまうことでデータが失われる可能性もあるため、あらかじめリスクを理解しておきましょう。
なお、HDDが認識されないだけでなく、電源そのものが入らない場合は、本体の故障が考えられます。

上記以外が原因として考えられる場合の対処法については、次から詳しく紹介します。

パソコンがHDDを認識しないときの対処法?

外付けHDDがデバイスとして認識されていないときの対処法

外付けHDDの多くは、パソコンと接続するとデバイスドライバが自動的にインストールされます。
ところが、自動インストールが正常に行われていないケースもあり、その場合は外付けHDDがデバイスとして認識されません。
このケースでは、再インストールすることで対処できるため、以下の方法を試してみてください。
本記事ではWindowsパソコンを例に挙げて説明します。

  1. 外付けHDD以外の外部接続機器を取り外す
  2. 画面左下のWindowsマークを右クリックして、「デバイスマネージャー」を開く
  3. 接続されている機器を表示する「ディスクドライブ」または「ユニバーサルシリアルバスコントローラー」に、外付けHDDが表示されているか、「!」や「?」のエラーマークがないか確認
  4. 「!」や「?」のデバイスを選択
  5. 該当のデバイスドライバを削除(右クリックして「削除」を選択)
  6. 外付けHDDを外す。パソコンの再起動後に再度外付けHDDを接続する

上記の手順で再度接続し直すと、デバイスドライバが自動的にインストールされます。

外付けHDDにドライブ文字が割り当てられていないときの対処法

利用しているOSがWindowsであり、外付けHDDがデバイスマネージャーで認識されているけれど、HDDとして利用できないときは、標準メニューの「ディスクの管理」から以下の手順でドライブ文字を割り当てることで、利用可能になる可能性があります。

【ご注意】以下の手順で誤った操作をしてしまった場合、データを消失してしまうリスクがあるため、操作に少しでも不安のある方はメーカーにお問い合わせをするようお願いいたします。

  1. 画面左下のWindowsマークを右クリックして表示される「管理」や、コントロールパネルの管理ツールなどから「ディスク管理」を開く
  2. 接続した外付けHDDが表示されたら、右クリックして「ドライブ文字とパスの変更」を開く
  3. 「次のドライブ文字を割り当てる」で任意のアルファベットを選び「OK」をクリック

上記手順を実行する際に、誤って内蔵HDDのドライブ文字の変更をしてしまったり、他に接続しているHDD、USBメモリのドライブ文字を変更したりしないよう、注意してください。

論理障害が考えられるときの対処法

パソコンがHDDを認識しない原因として、HDDの故障が原因の場合もあります。機器が物理的に破損しておらず、ファイルシステムの破損など論理的故障が発生していることを「論理障害」といいます。

内蔵HDD、外付けHDDが論理障害によって認識されない、またはデータが読み込めないときの対処法として、一度、HDDをフォーマットしたり、OSを再インストール、または復元したりすることで元に戻す方法があります。
注意点としては、OSの再インストールまたはHDDのフォーマットをすると「データが失われる」ということです。

大切なデータはクラウド上に保存している、別の外付けHDDやUSBメモリなどにバックアップがあるなど、何らかの対策を取っていない場合は、データを失ってしまいます。

論理障害が疑われるケースで、HDDの中に大切なデータがある、またはパソコンの扱いに慣れていない場合は、安易に自分で対処せず、専門業者に任せるという選択をおすすめします。

物理障害が考えられるときの対処法

HDDの機器そのものや関連部品に物理的な故障が発生していることを「物理障害」といいます。

物理障害によってHDDが認識されない場合、内蔵型であればOSが起動しなかったり、外付けHDDであれば、デバイスマネージャーで認識されなかったりなどさまざまな症状が考えられます。

物理障害の対処法については、新しいHDDを用意してOSをインストール、または外付けHDDを新規に購入するという方法がありますが、障害が起きているHDDの中のデータを復旧したい場合は、信頼できるデータ復旧会社に依頼する方法が確実です。

論理障害と物理障害の両方の注意点として、安易にデータ復旧ソフトを利用しないことです。インターネット上ではデータの復旧ソフトなどが散見されますが、パソコンに詳しくない状態で使用すると、大切なデータを失ってしまう可能性があるからです。

また、HDDのどの部分が破損、故障しているのか分からないままにコネクタやケーブルの抜き差しをして通電してしまうと、さらに状況が悪化することもあります。

物理的障害といっても見た目で分からないこともありますし、HDDの寿命ということもありますから、普段からバックアップをする癖を付けておくことも大切です。

パソコンがHDDを認識しないときの注意点

パソコンがHDDを認識しなくなり、OSが動かない、またはデータの読み書きができないような状態になったら、まずは慌てないようにしてください。

パソコンに不慣れな方や初心者の方が陥りがちなのが「インターネットで調べて自分で復旧しようとして状況を悪化させる」ことです。

HDDを認識しなくて困ってしまった時点、またはどうすれば良いか分からない時点で下記2項目を参考に行動してみてください。

論理障害・物理障害の際はデータ復旧のためにも専門業者へ

論理障害や物理障害が疑われ、HDDの中に大切なデータがある場合はむやみに自分で復旧作業をせず、専門業者に任せましょう。

対処法で述べた方法については、あくまでも「大切なデータが他の記憶装置にバックアップされている状態」が大前提です。もし、HDDに大切なデータがある場合にはおすすめできません。
また、障害の原因を特定することは難しく、ご自身で原因を突き止めたとしても、その判断自体が誤っている可能性もあります。再インストールやフォーマットを行って、いったんは使えるようになったとしても、また不具合が起きたり、故障したりする可能性も否定できません。

MacなどWindows以外の対処法

WindowsではなくMacなどに搭載されたHDDの復旧についてはPCメーカーに直接修理依頼するという方法やデータ復旧専門業者に任せるという対処法があります。

また、インターネット上ではHDDを物理的にコピーしたり、復旧するための手段の説明があふれていますが、100%確実にデータを復旧できる保証はありません。

状況が悪化し、専門業者でも復旧が難しくなったり、メーカーのサポートが受けられなくなったりすることもあります。大切なのは「分からないのに無理に対処しようとしない」ことです。

アドバンスデザインでは、個人ユーザ利用のパソコンや外付けHDD他、あらゆるメディア・システムのデータ復旧サービスを提供しています。
専門のエンジニアが、高いセキュリティレベルとデータ復旧技術で対応。
現在パソコンのトラブルを抱えたお客様向けのデータ復旧サービスとして、初期診断無料、復旧料金2万円、納期2日~の「パソコン突然障害お助け復旧キャンペーン」を行っています。(2019年11月時点)


データ復旧サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。
サービスお申込み
データ復旧サービスへのお問い合わせはこちらをご覧ください。
データ復旧サービス お問い合わせ

コラム一覧へ