パソコンの電源が落ちるのはなぜ?原因と対処法を知ってデータ消失のリスクを避けよう

パソコンの電源が突然落ちてしまう原因と対処法を紹介します。何度もパソコンの電源が勝手に落ちる現象を繰り返していると、データの消失やHDD(ハードディスク)の故障などを招く恐れがあるため早急に対処しましょう。

もし「原因を確かめる時間がないから、とりあえずデータだけ取りたい!」「難しいことはわからないけど、大切なデータが入っているからどうにかしたい!」「バックアップアップデータがあるHDDやパソコンはちょっと古いし・・・」という方は、ぜひアドバンスデザインの無料診断のご利用もご検討ください。

無料診断のWEBフォームへ

パソコンの電源が落ちる原因はさまざま。症状別対処法とは?

パソコンの電源が急に落ちたことでビックリしていまい、つい作業中のデータが心配で再起動を急いでしまいますが、まずは何をしたときに電源が落ちたのかを思い出してみましょう。電源が落ちる原因としてはさまざまな可能性が考えられますので、次に紹介する事例を参考に対処してみてください。ただし、症状例などはパソコンや状況により異なる場合もあるため、初心者が故障かどうかを判断するのは難しい面があります。急なシャットダウンは故障の原因にもなりますので、気になることがある際にはメーカーや専門家にご相談ください。

原因が電源トラブルの場合の症状例と対処法

パソコンが急に落ちたら、まずは電源周りを確認しましょう。意外と多いのが、「コンセントが外れていた」「コネクタがきちんと差さっていなかった」という、初心者に多い単純ミスです。また、延長ケーブルの断線、タコ足配線、バッテリーの消耗などが原因の電力不足が原因のケースも考えられます。

症状例
パソコンを起動して一定の時間がたつと落ちる
対処
パソコンに必要な電力が十分に供給できる環境か、次の点を確認します。
  • ケーブル類やコンセント・コネクタは正しく接続できているか
  • 延長コードは断線していないか
  • ノートパソコンの場合はバッテリーが消耗していないか

いくつもの機器をつないだ延長コードや電源タップのタコ足配線は、電気の供給が不安定になって電源が落ちる原因となることがあります。もし延長コードを使っていたら、壁のコンセントから直接パソコンの電源を取ってみます。延長コードが原因だった場合には、これで解消します。

壁から直接電源を取っても解決しない場合は、電源ケーブルやパソコンの電源が原因と考えられます。電源ケーブルであった際には、新しいものに交換することで解決しますが、パソコン内部の電源に関わる部品交換が必要な場合には、自分で行うとメーカーの保証対象外になることが多いためご注意ください。

またノートパソコンの場合は、バッテリーの充電不足や消耗によって供給電力が安定しなくなることがあります。着脱ができるバッテリーの場合は外し、ACアダプタを直接つないで起動してみてください。これで解消した場合は、バッテリーを交換しましょう。ちなみにノートパソコンのバッテリーは、2年~3年で寿命を迎えるといわれています。

原因が熱(CPU周辺の温度上昇)の場合の症状例と対処法

パソコンは、内部が高温になりすぎると故障を防ぐために強制的にシャットダウンするようになっています。特にCPUは高熱になりやすく、その排熱のためヒートシンクと呼ばれる冷却パーツと小型のファンが熱を逃がしてパソコン内部の温度上昇を防ぐ仕様になっています。

症状例
  • パソコンを一定時間使っていると電源が落ちる
  • 電源が落ちてからしばらくたつと使えるようになる
  • パソコンに負荷がかかる作業をすると電源が落ちる
  • 暑い環境でパソコンを使うと落ちる
対処
パソコンが高温にならないように、内部がきちんと放熱できているか以下の点を確認します。
  • 排気口が物や壁で塞がれていないか
  • 冷却ファンがきちんと作動しているか

パソコンの排気口の位置を確認し、熱の排出ができているか確認してみましょう。

原因がソフトウェアの場合の症状例と対処法

ソフトウェアが原因で、フリーズしたり電源が落ちたりすることがあります。特に、3Dグラフィックを多用するソフトウェアやゲームを立ち上げていると、CPUに高い負荷がかかって落ちることが多いようです。その際、ほとんどの場合で特定のソフトウェアが原因となっていますが、他のソフトウェアと競合して症状が出る場合もあります。

症状例
  • 特定のソフトウェアをインストールしてから電源が落ちるようになった
  • 特定のソフトウェアを立ち上げようとすると電源が落ちる
対処
原因となっているソフトウェアが最新版のものになっていない場合は、アップデートするか、パソコンからアンインストールします。
またWindowsなら「システムの復元」、Mac OSでは「Time Machine」機能を使って、パソコンがトラブルを起こす前の状態に戻すことも可能です。事前にWindowsは復元ポイントを、Mac OSはTime Machine機能を有効にしておくようにしましょう。

原因がハードウェアの場合の症状例と対処法

いずれかのハードウェアに集中して電力がかかることで、全体の電力が低下しパソコンの電源が落ちることがあります。また、さまざまなパーツの故障や、HDD(ハードディスク)に不具合が生じたり、メモリに不具合が起ったりすることで電源が落ちることもあります。

症状例
  • 異常な動作音がしてからパソコンの電源が落ちる
  • OSをアップデートしてから電源が落ちるようになった
  • 電源が落ちてからすぐに再起動される
対処
電源が落ちる原因となっているのがどのハードウェアなのか見極める必要があります。まずはパソコンの周辺機器をすべて取り外して起動してみます。そのまま通常通り使える場合には、一つずつ接続しながら原因となっているハードウェアの特定をしていきます。また、周辺機器をすべて取り外しても電源が落ちてしまう場合には、パソコンの故障であり、内部のハードウェアが原因と考えられます。その際は、問題の部品の交換で解決しますが、内部の確認はかなり大規模な作業となり、マザーボードなどの交換は費用がかさみます。
OSをアップデートしてから落ちるようになった場合は、周辺機器とOSの相性の悪さに原因がある可能性もあります。OSと周辺機器をつなぐドライバーが最新のものになっているか確認し、なっていなければ更新しましょう。

原因がパソコン内部のホコリの場合の症状例と対処法

パソコンは内部の冷却ファンで熱を持った内部の空気を冷却しています。その際に空気と一緒に吸い込まれたホコリが、CPUやマザーボード、メモリなどの部品やケーブルに付着して、接触不良や排熱の妨げとなりパソコンの電源が落ちる原因となることがあります。

症状例
  • パソコンが突然立ち上がらなくなった
  • パソコンを一定時間使っていると電源が落ちる
  • 電源が落ちてからしばらくすると使えるようになる
  • パソコンに負荷がかかる作業をすると電源が落ちる
対処
パソコン内部のクリーニングを行います。エアダスターなどでホコリを除去しましょう。ケースを外すとメーカーの保証対象外となってしまう場合や、自分で行えない場合はメーカーや専門業者へ依頼しましょう。

原因がウイルスの場合の症状例と対処法

電源や冷却、ソフトウェアやHDDに問題がない場合は、ウイルスが原因であることがあります。

症状例
  • パソコンの電源が落ちて勝手に再起動を繰り返す
  • ブラウザの動作が重くなる
対処
ウイルス対策ソフトで感染をしていないかスキャン(診断)しましょう。ウイルスが確認されたら早急に除去をします。
メールやインターネットの利用以外にも、USBメモリなどの外部機器からもウイルス感染は起こります。日ごろから信頼できるウイルス対策ソフトを使用するようにしましょう。

その他のトラブルが原因の場合も

パソコンの電源が突然落ちてしまったまま再起動ができない、Windowsが立ち上がらない、といったトラブルについて紹介します。

パソコンの電源が入らない・起動しない

パソコンの電源がまったく入らないのであれば、電源周りやケーブル、内部機器に問題が生じている可能性があります。
コンセントがきちんと差し込まれているか、電源ケーブルに断線はないか確認しましょう。ノートパソコンで、バッテリーを取り外せる場合は、直接ACアダプタを接続して電源が入るか確認します。

また長時間の使用で電気が溜まってしまう帯電が原因の場合は、放電作業を行うことで復旧する場合があります。コンセントを抜き、周辺機器を取り外し、バッテリーが着脱式のノートパソコンの場合はバッテリーも外して、しばらく置いた後に再度電源を入れてみてください。

パソコンの電源は入ってもOSが起動しないケースでは、HDD本体の故障が考えられます。この状態で何度も再起動を繰り返すのはデータの消失を招く恐れがあり危険です。速やかにメーカーや専門業者へ調査・修理依頼をしましょう。パソコンの電源が入らない場合の対処法は「パソコンの電源が入らない・起動しないときに初心者でもできる対処法」でも詳しく紹介しています。

起動中に起こるブルースクリーンエラー

パソコンのモニター画面がブルーになり白字でエラーコードが表示される現象を「ブルースクリーンエラー」と呼びます。Windowsの起動中にこのブルースクリーンエラーが起こる主な原因は、HDDやメモリ、ソフトウェアの不具合などが考えられます。

ブルースクリーンエラーが起きたら、エラーコードに沿って対処します。エラーコードの意味や対処法、注意事項については「パソコンが突然ブルースクリーンに!その原因と対処方法 」をご参照ください。

パソコン自体の故障が原因

思い当たる対処をしてもどうにもならない、いよいよパソコンが故障したかもしれないとなったときは、保証期間内であれば、メーカーへ調査や修理依頼をするのがよいでしょう。保証期間外で有償であれば、修理にかかる費用によって買い替えるべきかどうか検討をします。その際、パソコン内部のデータがどうなるのか、必ず確認をしてください。内部のデータがなくなってしまうようであれば、当社のような専門のデータ復旧業者に依頼し、データを取り出してから、パソコンの修理をする必要がありますのでご注意ください。

アドバンスデザインでは初期診断無料、最短納期2日~(※)、キャンペーン対象であれば2万円で対応してます。
※緊急対応が必要な場合は「緊急復旧サービス」のご用意もございます。
詳しくはサービスの詳細をご確認ください。

アドバンスデザインのパソコンデータ復旧サービス

ところで、パソコンの調子が悪くなると一番心配なのが「パソコンの電源が落ちた際の作業中のデータファイル」です。残念ながらほとんどの場合は作業中のデータは消えてしまっています。

そのため、日ごろから
  • こまめにデータを保存する
  • パソコン内だけでなく外付けHDDやクラウドストレージなどに保存する
ということを習慣づけておきましょう。

パソコンの電源が落ちたことで、大切なデータがなくなってしまったときや、パソコンのトラブルに関してお困りごとが生じた際にはお気軽にご相談ください。


データ復旧サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。
サービスお申込み
データ復旧サービスへのお問い合わせはこちらをご覧ください。
データ復旧サービス お問い合わせ

コラム一覧へ