メディア解説

クラウド(Cloud Computing)とは

“クラウド”とは、「クラウドコンピューティング(Cloud Computing)」を省略した言葉で、2006年8月に開催されたSearch Engine Strategies Conferenceにおいて、Google社の元CEOのエリック・シュミット(Eric Emerson Schmidt)氏が使ったことが始まりと言われているが、それ以前からインターネットによるネットワークを「雲(Cloud)」の絵を描いて表すことが習慣として存在したことも事実であるため、それ以前から存在した言葉であった可能性も否定できない。

“クラウド”は、個人レベルのサービスとしては、「データを個人で管理して使っているパソコンやNASではなく、インターネット上に存在するサーバに保存して、自宅や学校、勤務先や図書館などの、インターネットに接続可能な場所であれば、いつでもどこからでも、最新のデータにアクセスすることが可能になる、データをWeb上に保存するサービス」を指す言葉であると理解されがちであるが、「クラウドコンピューティング」の言葉が示すように、「データを保存するサービス」は、そのほんの一例に過ぎず、GmailやHotmailに代表される「Webメール」もアドレス帳やメール本文をインターネット上に保存すると同時に、送受信もネット上に存在するアプリケーションで実行する、“クラウドコンピューティング”あり、極限の“クラウド”では、ユーザが用意すべきものは最低限の、「インターネット接続環境(ハードも含む)」と、「インターネット閲覧ソフト(ブラウザ)」だけで十分に機能することになり、「データの保管」や、「アプリケーションの提供」もサービスとして提供されるので、それらのハードやソフトを陳腐化しないように、更新・アップデートなどを行う作業から解放され、サーバの規模の変更などもフレキシブルに行うことが可能になり、導入する側の企業には管理コストの削減だけではない多くのメリットがある。それらのサービスとして、代表的な呼び方をされるようになったものを紹介する。

SaaS(サーズ:Software as a Service)
メール、グループウェア、会計管理などのソフトウェアをインターネット経由で提供するサービス。Google Apps、Microsoft Online Services、Salesforce CRMなどが代表例となる。SaaSの呼び方が一般的になる以前は、ASP(Application Service Provider)とも呼ばれていた。
PaaS(パース:Platform as a Service)
アプリケーションサーバやデータベースなどアプリケーション実行用のプラットフォームとして、仮想化されたサーバ機能をインターネット上で提供するサービス。ユーザが所有・管理するアプリケーションをWeb上のサーバに置いて運用する。Google Apps Engine、Windows Azure、Salesforce1 Platformなどが代表例となる。
IaaS(アイアース、イアース:Infrastructure as a Service)
デスクトップ仮想化や共有ディスクなど、ハードウェアやインフラ機能をインターネット上で提供を行うサービス。HaaS(Hardware as a Service)とも呼ばれる。仮想化されたサーバや共有ディスクなどが提供され、ユーザがOSなどを含めた、ハードウェア以外のシステム導入・構築を行う。Amazon EC2、Amazon S3、Windows Azureなどが代表例となる。