サーバの種類

メディア解説:サーバ:サーバの種類

サーバの種類を機能別に分けると、以下のようなものが代表的なものです。

サーバ名称機能・用途
① DHCPサーバコンピュータをネットワークに接続する際のIPアドレスなどの割り当て管理
② DNSサーバWeb上のドメイン名とIPアドレスの管理
③ FTPサーバFile Transfer Protocol(ファイル転送プロトコル)を用いたファイル転送
④ アプリケーションサーバアプリケーション処理
⑤ ウェブサーバウェブアプリケーション処理(Apacheなど)
⑥ データベースサーバデータベース(SQLなど)の処理
⑦ ファイルサーバファイルの共有
⑧ プリントサーバプリンターの共有
⑨ プロキシサーバネットワーク相互間の中継
⑩ メールサーバメールサービス(Exchange、Sendmail など)

サーバの種類をOSで分けると以下のようなものが代表的なものです。

  • 1. MSP/XSP、VOS3、ACOS、OS2200/MCP (メインフレーム/ワークステーション(大型/中型汎用機用))
  • 2. HP-UX、AIX、Solaris (中型汎用機用のUNIX系)
  • 3. Linux
  • 4. OS X Server
  • 5. Windows Server

サーバの種類をアーキテクチャで分けると以下のようになります。

  • 1. X86(PC)サーバ: ハードの構成が、PC/ATパソコンと同様で、Intel製CPU(他社の互換性も持つCPUも含む)を搭載するもの。
    注:パソコンの項で説明した、CPUの名前:Intel80286→386→486→586(Pentium)の流れを継いでいる、PC/ATを基本とするパソコンで使われているアーキテクチャを、X86(PC)アーキテクチャと総称する。
  • 2. UNIXサーバ: RISC素子などの専用CPUを搭載したもの。
  • 3. メインフレームサーバ: メインフレーム用の専用CPUを搭載したもの。

情報調査会社IDC Japanの調査結果によると、2013年のサーバ市場は、①のPCサーバの占める割合が金額ベースで63.1%となっている。台数ベースでは単価の差が大きいので、既にPCサーバが90%を上回っていると推測できます。