アドバンスデザインのデータベース復旧

データベースに発生しうる障害やその原因は多岐にわたり、また法人様の扱う
データベースは、データの中でも特に重要なものの一つと言っても過言ではありません。

アドバンスデザインのデータリカバリー部門には1995年の創業より培われたノウハウと
高い技術力、米国シーゲート社との技術提携により、人為的な喪失や物理的な喪失を問わず、
幅広い原因・システム・OSに対応した、データの損失に対応いたします。

データベース データ復旧

データベース データ復旧の対象と状況について

データベース運用中にデータが消えた

アドバンスデザインではあらゆるデータベースの論理的障害、物理的障害におけるデータ消失に対応しています。各種データベースの構造を理解する専門の技術者が障害を受けたデータベースの現状を解析して、いかにしてデータ復旧を行えば良いかを考え( reverse engineer )読めなくなったデータベースのデータを復旧するあらゆる手段を実行します。

データベースにデータがアタッチできなくなった

アドバンスデザインの技術陣は各種データベースの構造をバージョンごとに理解しています。データが何故アタッチできないかを解析して最良の手段を考え実行します。

データベースが動かなくなったデータだけでも救出したい

データベースがハードディスクなどのトラブルで動かなくなった場合にデータを救出する データベースデータ復旧を行います。

データベース データ復旧可能 データベースの種類

アドバンスデザインでは下記全てのデータベースに対応いたします。

  • Oracleデータベース
  • Microsoft SQL Server データベース
  • Sybase SQL Serverデータベース
  • Microsoft Exchange Server データベース
  • Gupta SQL データベース
  • Microsoft Office SharePoint データベース
  • PostgreSQL
  • Microsoft Visual FoxPro DBF データベース
  • Microsoft Access
  • MySQL データベース
  • IBM DB2
  • Microsoft BizTalk データベース
  • Hitachi HiRDB
  • IBM Lotus Notes データベース
  • 医療用データベース(MDB)各種
  • ファイルメーカー データベース
  • その他 カスタムデータベース等

データベース データ復旧ご要請時の注意点

データ復旧ではシステムに何が起きた、どの様な状況になった、その後何を実行したなど時系列で起きた状況の変化が重要なデータベース データ復旧の手がかりになります。

アドバンスデザインのデータベース復旧技術陣は時系列を逆に戻る調査をいたします。どの様な小さなシステム上の出来事も実は重要なデータベース データ復旧の手がかりになる可能性があります。

通常ではありえない状況にデータが分散している可能性を追求するリバースエンジニアリング技術ではいずれは分かる事例でも先に知ることで解明する時間を 短縮できる可能性があります。データベース データ復旧では時間をどれだけ短縮できるかも復旧作業の重要なポイントです。