データ消去について
データ消去はなぜ必要なのですか?

パソコンで使用されていたハードディスクやUSBメモリなどを破棄する際、データを完全に消去しないと中に入っていた個人情報など重要なデータが外部に漏れ、情報漏えいに繋がる危険性があります。
また、通常ファイルの消去などに使用される「ゴミ箱での消去」や「フォーマット」だけでは、ファイルのデータ本体は削除されていないため、情報漏えい対策の面から二度とデータを取り出せなくする「データ完全消去」が必要です。

情報漏えいは企業の信頼を大きく失うアクシデントですが、このような事を理解し、しっかりとした対策をとれば、完全に防げるアクシデントでもあります。

ゴミ箱を空にするファイル削除で、ファイルは消えていますか?

ゴミ箱を空にするファイル削除では、データそのものは消えていません。
例えると、本の目次から項目だけを消したようなものです。
そのまま破棄した場合、データ復旧技術で復元され、情報漏えいに繋がる危険性が非常に高いです。
情報漏えい対策の面では、DataSweeperなどでのデータ完全消去が不可欠です。

フォーマットはデータ消去になりますか?

フォーマットもデータを消す手段の一つですが、フォーマットで消えたように見えるデータも、実はデータそのものを消していないため、データ復旧技術で復元できてしまいます。

機密情報の入ったハードディスクなどを破棄する際は、情報漏えいの観点からDataSweeperなどでのデータの完全消去が不可欠です。

自分でデータ完全消去できますか?

アドバンスデザインのデータ消去機器を使用すれば、簡単にかつ、低コストに社内でデータ完全消去が可能です。
外部の人も介在しないため、非常に高い情報漏えい対策になります。

使用する製品については、通常であればコストも低い「DataSweeperシリーズ」をお勧めいたします。DataSweeperでデータ完全消去したハードディスクも、データは消えていますがOSをインストールして問題なくご使用いただけます。リユース業者様などにもお勧めです。

データ消去装置は、使うのが難しそうなのですが。

アドバンスデザインのデータ消去機器はどれも簡単シンプルです。ワンタッチで磁気消去できるMagWiperや簡単操作のDataSweeperなどがあります。

アドバンスデザインは、これからも、多くのお客様からの声を製品に反映し続け、より使いやすい製品をお届けしていきます。

データ上書き消去は本当にデータを完全に消去できるのですか?

DataSweeperシリーズは、米国防総省でも使用されているデータ上書き消去方式(DoD)や米国国家安全保障局消去方式(NAS)など世界的に信頼されている方式に完全対応!
中古情報機器協会(RITEA)認定や、NSTL社によるデータ完全消去テストにより、完全にデータが削除されていたことが証明されています。

DataSweeperの上書き消去の特長として、データを完全に消去するが、ハードディスクなどメディアに対し物理的な力を加えないので、消去後にそのままリユースできる特長があります。
中古情報機器協会(RITEA)認定をいただいているのも、上記のような特長があることによるものです。

本当にデータが消えているのか不安なのですが。

アドバンスデザインのデータ消去機器は、専門機関などにより、ハードディスクのデータが完全消去できていることが証明されていますので、自信を持ってお届けしております。

詳しくは各製品ページをご覧ください。

消去証明書はなぜ大切なのですか?

消去証明書はその名の通り「完全にデータを消去した証明」です。
消去メディアの管理や、目には見えないデータ完全消去の信頼性を大きく向上させる役割があります。
信頼できるデータ消去業者を探す際に「消去証明書を発行できるか?」は大きな判断材料になります。

アドバンスデザインのデータ完全消去ツール「DataSweeper」も簡単に「消去証明書ツール」を出力できます。

磁気消去はどういうメディアに使うのですか?

非常に高い磁力により一瞬でデータ消去が可能なので、短時間で大量のデータ消去を行う際に有効なツールです。
また書き込みすることができない故障したハードディスクなどの磁気メディアに対しても非常に有効です。

その他、リールテープなど、記録方式に磁気を使用した多くのメディアの完全消去にも対応しているので、多くのメディアのデータ完全消去を行う業者様などにお勧めです。

パソコンで使えなくなったハードディスクは破棄しても大丈夫?

状況にもよりますが、非常に危険です。
壊れたハードディスクを修理し、簡単に機密データを取り出されてしまう可能性があります。
たとえパソコンに接続して認識せず使用できなくても、中のデータ記録面にはデータが残っています。

この場合は、DataSweeperのような上書き消去は行えないので、磁気消去や、物理破壊を行ってデータを読めないようにする必要があります。

不安なのでデータ消去業者に消去依頼しようと思います。注意点はありますか?

大切なことは信頼できる業者を探すことです。
特に業者へメディアを搬出しての消去は、搬送時の情報漏えいの危険性があるため、非常にリスクが高いです。
費用はかかってしまいますがオンサイト(出張)消去や、費用的にも抑えられ、リスクもない当社製品による「自社内でのデータ消去」も検討されることをお勧めします。

出張消去とは何ですか?

データ完全消去を、御社へデータ消去業者が出向き行う方法です。
搬出消去と違い、搬送過程の情報漏えいリスクがありません。
リスクが低く、安心できる半面、コストがかかってしまうデメリットもあります。

もうひとつの選択肢として「自社内でのデータ消去」があります。御社製品のDataSweeperやMagWiperなどを使用し、社内スタッフでデータ消去を行うものです。
導入時にコストはかかりますが、社内スタッフによる消去なので、作業中に情報漏えいの心配がありませんし、コストも低く抑えられるメリットがあります。

搬出消去とは何ですか?

破棄するハードディスク等のメディアを業者工場まで搬出して消去してもらう方法です。
消去業者の工場までの間はハードディスクなどにはデータが残ったままなので、搬送時に情報漏えいリスクがあります。データ完全消去の中ではリスクが高い方法なので、信頼できる業者を慎重に選ぶ必要があります。

他に、業者に来てもらう「出張消去」、自社内スタッフで行う「データ完全消去」があります。後者はまったく外部の人間が関わらないので、非常に安全で、コストも有利なデータ消去といえます。