官公庁サーバー データ復旧

官公庁サーバー データ復旧

官公庁のデータ復旧のご相談はアドバンスデザインにどうぞ。

官公庁 データ復旧

RAIDサーバー(NAS)が読めなくなった!そんな時にはそのまますぐにご相談ください。

近年急激にIT化が進みハードウェア・ソフトウェアともに精通した人材が不足している状況は企業においても官公庁においても重大な問題になっています。電子政府には多くの予算が割かれ効率化を目指して変革を進めています。日本はヨーロッパ各国と連携をとりながら、日本に合ったIT化を各省庁ともに目指し人材育成に努力しています。セキュリティに関してもより厳重に外部からの攻撃に備えたシステムの構築に当たっています。

各省庁の内部ネットワークにおける業務の効率化が進み、ネットワーク内に部・課ごとにサーバーが設置されさらなる業務効率化が進められています。各部・課での情報の共有がより効率的に出来るようになっています。このファイルサーバー(NAS)のエラー発生によりデータが読み出せなくなった時には、すぐに電源を落としてご連絡ください。早急にデータ復旧をいたします。

RAIDサーバーには下記のようなトラブル事例があります。

  • 故障と判断されたハードディスクと違うハードディスクを交換してしまい、RAIDにアクセス不能となった。
  • スロットから取り出したディスクの位置を間違えて、組み込んでしまい元の状態とは異なる順番の構成でRAIDが再構築されてしまった。
  • 一度不良と判断されたディスクが一時的に直りリビルドの際に利用され、古いデータと、最新のデータが混在した形で、RAIDが再構成された。
  • リビルド作業の際に、誤ったオペレーションを行い、正しくリビルド作業を行えなかった。(間違って、領域を開放してしまうなど)
  • リビルド中にバックアップ処理も同時に行ったため、HDDへの過剰な負荷が発生、別のドライブにも障害が発生して、RAIDへのアクセスが不能になった。

官公庁サーバーデータ復旧はアドバンスデザインにお任せください。

RAIDリビルドに注意:

まずサーバーをシャットダウンして早急に診断をお受けになることをお勧めします。リビルドの失敗はデータの位置が正規な並びになっていません。パニックにならず不明なまま次のリビルドを行うことは、かえってデータ復旧の難易度を高めます。診断ではデータ解析をして何が起きたかを明確にして最適な復旧方法をご提案をいたします。多くはデータエリアのデータはいまだに存在しています。RAID構成を熟知した論理障害のスペシャリストが対応いたします。

サーバーが読めなくなった時点でのデータ保全が大重要

サーバーのデータが読めなくなった場合、異なったRAID構成が成立していることが理由でデータの上書きが始まりデータを破損させる場合があります。早急にシャットダウンまたは電源ダウンが必要になります。データの保全の為に重要な操作です。

サーバーのデータの一部が消えた場合でサーバーの運用を止められないなどの場合は、ご相談ください。即座に状況を把握して、データ保全の最善の方法をご提案いたします。

Storage Server Data Recovery
データ復旧無料診断及び、データ復旧サービスお申込み

アドバンスデザインのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。 初期診断無料のデータ復旧サービスをお申し込みの際は、下記内容をよくお読みいただき、『診断申込みフォーム』または『診断同意書・状況調査票』をご利用の上、お申し込みください。