企業サーバデータ復旧

企業サーバーデータ復旧はアドバンスデザインにお任せください。

企業サーバー、中小企業サーバー、(NAS)ビジネス用パソコンデータ復旧

企業サーバー、中小企業サーバー、(NAS)ビジネス用パソコンデータ復旧

企業では年々データ量が倍増しています。ネットワーク通信速度が速くなり、社内ネットワークアタッチドストレージ(NAS)が通常アイテムになってきています。
従来存在したファイルサーバーの容量も増加して大容量のストレージが必要な時代になっています。
サーバー内のRAIDを構成するハードディスクの容量もTB(テラバイト)級になり益々大容量化しています。

記録メディアで良好な状態を維持するにはそれなりのメンテナンスが必要になっています。
企業ではデータは各事業毎にファイルサーバー(又はNAS)を設置して仕分けされ、更にサーバー内のデータはに共有されてデータは有効に使われるようになりました。
しかしこのことにより、トラブルが起こった場合の被害範囲は今ままで以上に広範囲にわたる事になります。
これら企業用サーバーのトラブルは、各事業運営を困難にさせる事態になってしまいます。

よくお問い合わせいただく運用上のトラブルとして以下のようなものが挙げられます。

  • サーバーが読めなくなった
  • サーバーがネットワークから消えた
  • 誤って共有フォルダーを消去してしまった
  • 突然の停電等でサーバーが起動しなくなった
  • 突然異音がしてサーバーにアクセス出来なくなった
  • サーバーが停止したので
  • RAIDを再構築したらデータが消えていた

アドバンスデザインでは、日本初のデータ復旧専門業者としての長年のノウハウを活かし、上記のような多くのトラブルに敏速に対応して最速、最良の復旧サービスをご提供いたします。

企業サーバのトラブル時の心得

結果が明確になっていない復旧作業を試みる

トラブルが起きた際、パニックを起こして思いついた復旧作業をお試しになられるお客様がいらっしゃいます。
しかし多くの場合、この思いつきの作業はその後の復旧作業を難しくさせることになります。

復旧の可能性を上げるためには、データの現状保全が第一です。
まず機器に変更を加える前に、冷静に何が起きたかを確認してください。
トラブルの発生時刻、発生原因として思い当たることなどを記録してください。

次に何をするかを弊社にお電話をしてご相談ください。データ復旧の専門担当が最善の方法をご提案します。
障害は意外に最初の時点では分かりやすい原因で起きることが多く、初期診断でデータから原因を特定して最善の復旧工程を組み立てることが早くできます。

電源を強制終了して何度も起動を試みる

物理的トラブルでサーバーが停止している場合は、電源を入れることで更に状況が悪くなる可能性があります。
異音がした場合、サーバーには触らずにまずはお電話にてご相談ください。データ復旧の専門担当が最善の方法をご提案します。

大型サーバーのデータ保全の心得

先ずサーバーを止めてクローン作成が必須です

データが見えない、消えてしまった、消してしまった、などどのような場合でもまずは現状を保全する必要があります。
そのためには、運用されているサーバーなどでも何とか別の環境を構築し、データの入っているハードディスクの完全クローンを作成する必要があります。

クローンを作成した時点でクローンディスクにはそれ以上状況が変化しません。上書きも起きなければ、現状以上の論理障害を発生させることもありません。

データ復旧の技術者はサーバーに何が起きたかをデータ解析により判断することができますので、どのような復旧工程で修復、復旧できるかをリバースエンジニアリングにより解明できます。

この方法こそ最短の復旧です。稼働中のサーバーを一度停止してクローンディスクを作成することで、復旧のポイントが決まります。

企業向けサーバーの全てに対応して、データ復旧いたします。

PCサーバIBM,HP,Dell,Hitachi,NEC,他
ネットワークアタッチドストレージ(NAS)バッファロー社製、I・O DATA社製、LaCie他
プレードサーバーHP(ヒューレット・パッカード), IBM, Dell, EMC他
ストレージHP(ヒューレット・パッカード), IBM, Dell, EMC他

上記の他にも全てのサーバー、ストレージに対応しています。また全ての論理障害、物理障害に対応しています。