仮想化サーバ復旧

仮想化サーバー クラウドコンピューテイング データ復旧 ハードディスク データ復旧はアドバンスデザインにお任せください。

仮想化サーバー クラウドコンピューテイング データ復旧

高速大容量仮想化サーバー データ復旧

仮想化環境の管理サーバー

Dell サーバー、IBMサーバー、HPサーバー等がサーバーシステムを受け持ち下記ストレージサーバーとシステム化して仮想環境を作り、高速で大容量のデータを管理しています。

ストレージサーバー
EMC

ストレージサーバー、データベースサーバー他 データ復旧
論理ユニット番号(Lun)内のトラブルを修復復旧します。
Model: EMC XtremIO,EMC VMAX,EMC VNX/VNXe,EMC Isilon 他

NetApp

ストレージサーバー、データベースサーバー他 データ復旧
論理ユニット番号(Lun)内のトラブルを修復復旧します。 Model: FAS8000,FAS2500,ES600,E2700 他

QNAP

ストレージサーバー、データベースサーバー他 データ復旧
論理ユニット番号(Lun)内のトラブルを修復復旧します。
Model: QNAPSS-EC2479U-SAS-RP, QNAPSS-EC1279U-SAS-RP,
QNAP TS-EC2480U-RP,QNAP TS-EC880U-RP

クラウドコンピューティング、仮想化サーバー(バーチャルサーバー)のデータ復旧はお任せください

クラウドコンピューティングは、物理サーバーの中に多くの仮想サーバーを構築して運用されています。
また一般の企業においても、物理サーバーを統合し省エネ時代にマッチした仮想化サーバーが多くなっています。
分散しているファイルサーバーを集中管理できるとともに、CPUやメモリの有効活用や省エネにも繋がります。

仮想化システムでは、様々なOSの仮想サーバーが仮想化ソフトウェアによって管理されています。
VMware,XenServer,KVM,Hyper-V等のプログラムが活躍しています。

これら仮想化サーバー(バーチャルサーバー)に対応してデータセンターでも革新がありトラフィックの向上の為、DCE、DCB、VLANなどの設備が増強されています。

ストレージの共有化、仮想化は必須になります

仮想化サーバーが多く出来る事で、生み出されるデータも膨大になっていき、ストレージサーバーも仮想化されています。
多くのOS等が異なるデータを素早く収納出来るよう高性能を要求される状況で、データセンターではDCE(データセンターイーサネット)、DCB(データセンターブリッジング)など新しいテクノロジーで対応しています。

勿論、物理システムライフサイクル管理にも十分配慮しなければなりません。
物理サーバーに障害が起きた時には、物理的トラブルと論理的トラブルが併発することになります。

アドバンスデザインでは、仮想化サーバー(バーチャルサーバー)技術には早くから取り組みをしています。
仮想化サーバーの中でデータがどのように扱われ処理されるかを熟知したスタッフがデータ復旧を出来るだけ早くそして正確に実施いたします。

仮想化サーバーへ旧サーバーからのデータ移行 (レガシーマイグレーション)

仮想化サーバー技術ではホストOSの中にゲストOSをアプリケーション的扱いで運用できます。
この事は、以前から使用していたOSを最新の物理サーバー上で運用できることとなり、旧OSの延命となり、新しいOS上で動作しないアプリケーションで作成されたデータの利用が延命できることになります。
これらを考慮した、物理サーバーから仮想化サーバーにデータ移行させるレガシーマイクレーションは今後必要になると考えられます。

仮想化サーバーでのデータバックアップ (ライブマイグレーション)

仮想化サーバーは物理サーバー内では独立性があります。
仮想化ソフトウェアには仮想サーバースナップショットという機能があり、このスナップショットで記録したデータはそのままバックアップになります

この事で、ある時点でスナップショットを保存する事で、トラブルの時のデータ復旧には役に立ちます。
また仮想サーバーが稼動中に別の物理マシンに移行が可能である点も、データの保全の役に立ちます。
メンテナンスも仮想サーバーを稼働させながら出来る点も技術(ライブマイグレーション)の進歩と言えます。

仮想サーバーではサーバー自身の管理体制は便利になった反面、物理サーバーのシステムライフサイクルがなおざりになる事があります。
物理サーバーに障害が起きた時にはその影響が拡大すると心配されています。

もしもこの様な事態が起きた時は、弊社にご相談ください。即座にお客様の物理システム、仮想サーバーのシステムを理解して、最善の保全対応をご提案します。そして全体を把握して最良のデータ復旧をいたします。

多くのサーバー障害種類に復旧実績あり

ビックデータを取り扱う高速大容量サーバーは技術革新が進み操作性も簡単になり多くの企業様で運用されるようになっています。データ量は日々増加しています。クラウド化でシンクライアントもスムースに運用されています。高速大容量で仮想化されたサーバーの重要度は増しています。もしもの時の仮想化ボリュームのトラブルなどはアドバンスデザインにご相談ください。物理障害修復、論理障害修復、データ復旧の実績が数多くございます。