サーバトラブル、サーバフリーズ、サーバハングアップ データ復旧

サーバートラブル、サーバーフリーズ、サーバーハングアップ データ復旧はアドバンスデザインにお任せください。

データ復旧のご相談はアドバンスデザインにどうぞ。
サーバのトラブルはその後の処置が大切です。

サーバートラブル、サーバーフリーズ、サーバーハングアップ データ復旧

サーバートラブル、サーバーフリーズ、サーバーハングアップ データ復旧

サーバートラブルには下記のような例があります。

  • RAID5構成で運用中に1台のハードディスクにエラーが発生。リビルドを実施中にもう1台のハードディスクにもエラーが発生し、RAIDが崩壊しデータにアクセスできなくなった。
  • UPSのバッテリー寿命に気付かず、サーバーが自動シャットダウンできずにファイルシステムが破損。その後チェックディスクがかかり、さらに状態が悪化した。
  • サーバーシステムの移動(輸送)時、ディスクのコネクタ接続がゆるみ、RAIDのディスクセットが正常に見えなくなった。
  • データが一部サーバー内から消えディレクトリごとデータが無くなった。
  • RAID0+1で運用のサーバーで突然異音がしてデータにアクセスできなくなった。
  • 管理画面からRAID ARRAY が見つからないと表示された。
  • アクセスが次第に遅くなり、ついにはフォルダ配下のデータが開かなくなった。

プレゼントキャンペーンはこちら

サーバーフリーズ、ハングアップには下記のような例があります。

  • サーバーのデータがほぼ満杯の状態で使用中にフリーズした状態になった。
  • RAID5のサーバーで1台にエラーランプが付いたので新しいハードディスクを入れてリビルドをしたが、時間が経ってもリビルドが終わらないので電源をOFFにした。起動すると全てのハードディスクにエラーが出て管理画面にArrayが無いと表示。
  • サーバー上で動作しているアプリケーションにより、想定以上の過負荷を被り、メモリ、ネットワーク、ディスクなどのリソースを使い果たして停止した。
  • ディスクに不良セクタが発生し、その領域がサーバーOSの重要なファイルに使用されていたため、サーバーOSの動作が継続不可能になりフリーズした。

サーバートラブル、リビルドに失敗した後の処置について

パニックにならず先ずサーバーをシャットダウンして緊急に診断をお受けになることをお勧めします。リビルドの失敗はデータの位置が正規の並びになっていません。不明なまま次のリビルドを行うことはかえってデータ復旧の難易度を高めてしまいます。診断ではデータ解析をし何が起きたのかを明確にすることで最適な復旧方法をご提案をいたします。データエリアにあるデータの多くは存在しています。RAID構成を熟知した論理障害のスペシャリストが対応いたします。

RAID SERVER BUILD FAILURE

サーバートラブルが発生した時点でのデータ保全が大重要

サーバートラブルの場合、異なったRAID構成がなされた場合などにデータの上書きが始まります。早急にシャットダウンまたは電源ダウンが必要になります。データの保全の為に重要な操作です。

サーバートラブルが発生した際に、サーバーの運用を止められないなどの場合にはご相談ください。即座に状況を把握して、データ保全の最善の方法をご提案いたします。

Virtual Server Data Recovery