サーバリビルド失敗 データ復旧

サーバリビルドミス データ復旧

サーバーリビルドミス、サーバーリビルドエラーのデータ復旧

サーバーリビルドミスのデータ復旧

サーバーリビルドに失敗した後の処置について

まずサーバーをシャットダウンして緊急に診断をお受けになることをお勧めします。リビルドに失敗した場合、データの位置が正しい並びになっていません。
状況を正確に把握しないまま曖昧な情報をもとに次の作業を行うことはかえってデータ復旧の難易度を増加させます。
サーバーリビルドエラーにおいても同様のことが言えます。

診断ではデータ解析をして何が起きたかを明確にし、最適な復旧方法をご提案をいたします。
多くはリビルドエラーが起きた場合であっても、データエリアにあるデータは無事であることも多いです。RAID構成を熟知した論理障害のスペシャリストが対応いたしますので、お困りの際にはまずご相談ください。

サーバーRAIDのリビルド失敗には下記のような例があります。

  • 故障と判断されたディスクと違うディスクを交換してしまい、RAIDがアクセス不能になった。
  • リビルド時にディスクの位置を間違えて組み込んでしまい、元の状態とは異なる構成でRAIDが再構築された。
  • 一度不良と判断されたディスクが復活して、リビルドの際に利用され、古いデータと最新のデータが混在した形でRAIDが再構成された。
  • リビルド作業の際に、誤ったオペレーションを行い、正しくリビルド作業を行えなかった。(間違って、領域を開放してしまうなど)
  • リビルド中にバックアップ処理も同時に行ったため、HDDへの過剰な負荷が発生、別のドライブにも障害が発生して、RAIDアクセス不能になった。

サーバー

リビルドミスをした時点でのデータ保全が大重要

サーバーのリビルド失敗の場合、異なったRAID構成が成立している場合などではデータの上書きが始まります。早急にシャットダウンまたは電源ダウンが必要になります。データの保全の為に重要な操作です。

サーバーのリビルド失敗の場合でサーバーの運用をとめられない場合、まずはお電話でご相談ください。即座に状況を把握して、データ保全の最善の方法をご提案いたします。

データ復旧無料診断及び、データ復旧サービスお申込み

アドバンスデザインのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。 初期診断無料のデータ復旧サービスをお申し込みの際は、下記内容をよくお読みいただき、『診断申込みフォーム』または『診断同意書・状況調査票』をご利用の上、お申し込みください。