サーバオペレーションミス データ復旧

サーバオペレーションミス データ復旧

サーバーオペレーションミス対策

企業サーバーデータ復旧はアドバンスデザインにお任せください。

オペレーションミスはその後処置が大切です。

IBM サーバー ワークステーションのデータ復旧はお任せください。

>> プレゼントキャンペーンはこちら

サーバーのオペレーションミスには下記のような例があります。

  • RAIDにおいて障害ディスクと間違えて、正常なディスクを交換してしまった。
  • 間違えて異なるRAIDボリュームを開放してしまった。
  • バックアップタスクを起動していなかった。
  • 削除コマンドパラメーターのタイプミスで、間違えてデータを削除してしまった。
  • 本番環境と、テスト環境とを間違えて実行してしまった。
  • UPS接続ミスにより電源が切れてしまった。
  • データ移動先を間違えて実行してしまった。
  • 通常のメンテナンスのコマンドを実行したはずが思い通りに行かない。

EMC サーバー ワークステーションのデータ復旧はお任せください。

サーバーオペレーションミスをした後の処置について

オペレーションミスは通常慣れているはずのサーバーメンテナンス中などに起きることが多いようです。オペミスをしてしまったことでその後にサーバー障害が発生し、社内の色々な部署からのクレームが殺到します。このクレームによりパニックに陥り、普段ではなんでもなく処理できるはずの作業でさえ、さらにオペレーションミスを引き起こしてしまう原因となる悪い連鎖が事を大きくしてしまいます。

HPサーバー、ワークステーション、ストレージ データ復旧

ミスをした時点でのデータ保全が大重要

サーバーのオペレーションミスをした際、データにダメージがあることが判明した時点でパニックにならずその状態でじっくり考えて行動することが大切です。データの保全が一番と考えるべきでしょう。アドバンスデザインにこの時点でご相談されることで最良のデータ保全策をご提案できます。多くの事例を経験した技術者がお打ち合わせの内容から最良のデータ保全方法をご提案いたします。保全策を講じた後はデータ復旧に向かう手順を詳しくお知らせいたします。

Dell データ復旧 20%OFF

データ復旧無料診断及び、データ復旧サービスお申込み

アドバンスデザインのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。 初期診断無料のデータ復旧サービスをお申し込みの際は、下記内容をよくお読みいただき、『診断申込みフォーム』または『診断同意書・状況調査票』をご利用の上、お申し込みください。