医療データのデータ復旧

医療データのデータ復旧

メディカルデータ、医療データのデータ復旧はアドバンスデザインにお任せください。

メディカルデータ、医療データ データ復旧

医療診断データは増え続けている現在、データ保全は非常に重要です。

メディカルデータは病院の財産ともいえる時代になりました。
病院のサーバー、ストレージに問題が起こりデータを消失しそうになったと言うトラブルは大変な問題であるといえましょう。

近年、医療用データは検査項目が増加や保存データ形式多様化により、患者一人当たりのデータ量が増加しています。
X線診断システム,CT,MRI,超音波診断装置,PET,その他検査データは画像、テキストなど様々な形式で保存されるようになっています。

また、データはデータベースに保存され、各病院のサーバーのデータ量も増加しています。
電子カルテ時代に入りつつある現在、院内の電子データはますます増加する傾向にあります。
各病院で用意しているバックアップシステムも完璧ではありません。

弊社では、医療用データの復旧に多数の実績があります。
PC内のデータ、データベースのデータなどにトラブルが発生した場合、落ち着いて弊社にご相談ください。

>プレゼントキャンペーンはこちら

医療用データ データ復旧対象メーカー一覧(DICOM 画像イメージデータ等)

  • Hitachi
  • Toshiba
  • GE
  • Philips
  • Siemens
  • Panasonic
  • Mochida
  • Nihon Kohden
  • Fujifilm
  • Shimazu

データ保全のご相談は、是非弊社のデータ復旧のスペシャリストにご相談ください。

医療機器による診断データは一人当たり1GB程度になると言われています。
またそのデータ量は年々増加しているのが現状です。

数万人分のカルテを保存して、来院の時に呼び出せるようにするシステム部門の努力は大変なことと思います。
ハードウエアトラブル、ヒューマンエラーなどの問題は必ず発生します。
重要なのは、問題が起きた時にどの様にしてデータを保全するかなどの対応です。

この時パニックになり、不確定な動きをすることによってデータ消失の原因になることが多くあります。
このような時にはまず、サーバー、ストレージを一時ストップして現状のデータ保全をすることをお勧めいたします。
システムを稼働させたままハードウェアの復旧を図る事はデータ消失の危険を伴います。

問題が起きた場合にはあせらず、ぜひ弊社のデータ復旧のスペシャリストにご相談ください。
最適な手段をご提案いたします。

データ復旧無料診断及び、データ復旧サービスお申込み

アドバンスデザインのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。 初期診断無料のデータ復旧サービスをお申し込みの際は、下記内容をよくお読みいただき、『診断申込みフォーム』または『診断同意書・状況調査票』をご利用の上、お申し込みください。